PinocchioP – Antena lyrics (romaji and hiragana)

PinocchioP – Antena lyrics

ピノキオピー – アンテナ 歌詞

Romaji

kotoba ni shinakerya tsutawaranai koto
kotoba ni shisugite kizutsukechau koto
kotoba ni shita kedo dou demo ii koto
kotoba wo tobikoe kandou suru koto

itsumo tōtteru gyuudon chein de onaka wo mitashita
ukkari manga no yonkan ga nisatsu dabutte shimatta
shumi de nani ka wo tsukutte iru hito wa jiyū na ki ga shita
saikin hikkoshimashita futo hatachi no koro wo omoidashita
hikkoshi ga sunde sono taimingu de kāten wo kaeta
kisetsu no kawarime wo kanjita kara fukusō wo kaeta
kirai na geinou jin ga deteru kara channeru wo kaeta
kawaritai kedo kawaranai koto kawaranakyaikenai koto
denshi ni moredasu ishiki yokubō to guchi no sabakeguchi no kakikomi ga
hitogomi ni hitori hitori tsumatteiru
junban nukashi wo shite iru kata wo otoshite aruiteru
seki wo yuzutteru ichaicha shiteiru
sorew o mite iru jibun ga iru

jōdan jōdan ni ke ga haeta yō na mainichi ga tsuzuiteiru
kyō wa kyō wa ichi kai yasumi hayaku kaette nemutte itai

kotoba ni shinakerya tsutawaranai koto
kotoba ni shisugite kizutsukechau koto
kotoba ni shita kedo dou demo ii koto
kotoba wo tobikoe kandou suru koto

sō antena wo hatte ironna mono wo mite kīte
sawatte tsunette tashikamete
soshite kaku hōmen wo suki ni natte iya ni natte
sō antena wo hatte misutte sekkyō-kusai kotoba ni chotto hīte
urusai kutabare akutai tsuite suu nen-go ni yukkuri rikai shite
antena wo hatte ironna mono wo mite kīte
sawatte tsunette tashikamete
soshite kachi-kan no uzu ni tobikonde oborechatte
sō antena wo hatte asonde manande wazuka na yorokobi mitsukete
tsurakatta koto mo itsuka waratte suu nen-go ni omoidashite

takarakuji atatte san oku en te ni ire
kachi-kan ikarechatte dame ni naru hito mo ite
kītenai yo kītenai yo gakkō de wa oshiete kurenai yo
shiranai yo shiranai yo shippai kurikaeshioboeteku yo
ano sūpā no hō ga tamago ga yasui yo
saikin hikkoshimashita futo hatachi no koro wo omoidashita

jibun no kangaeru koto no subete ga
iya ni naru hi mo iya ni naru hi mo
jibun no yaru koto nasu koto subete ga
urame ni deru hi mo urame ni deru hi mo

sō antena wo hatte ironna mono wo mite kīte
sawatte tsunette tashikamete
soshite kaku hōmen wo suki ni natte iya ni natte
sō antena wo hatte misutte sekkyō-kusai kotoba ni chotto hīte
urusai kutabare akutai tsuite sū nen-go ni yukkuri rikai shite
antena wo hatte ironna mono wo mite kīte
sawatte tsunette tashikamete
soshite kachi-kan no uzu ni tobikonde oborechatte
sō antena wo hatte asonde manande wazuka na yorokobi mitsukete
tsurakatta koto mo itsuka waratte suu nen-go ni omoidashite

antena wo hatte ironna mono wo mite kīte
sawatte tsunette tashikamete
soshite kaku hōmen wo suki ni natte iya ni natte
sō antena wo hatte misutte sekkyō-kusai kotoba ni chotto hīte
urusai kutabare akutai tsuite sū nen-go ni yukkuri rikai shite
antena wo hatte ironna mono wo mite kīte
sawatte tsunette tashikamete
soshite kachi-kan no uzu ni tobikonde oborechatte
sō antena wo hatte asonde manande wazuka na yorokobi mitsukete
tsurakatta koto mo itsuka waratte sū nen-go ni omoidashite

Hiragana

ことば に しなけりゃ   つたわらない こと
ことば に しすぎて   きずつけちゃう こと
ことば に したけど   どう でも いい こと
ことば お とびこえ   かんどう する こと

いつも かよってる うし どんぶり チェーン で おなか お みたした
うっかり   まんが の 4 かん が 2 さつ だぶってしまった
しゅみ で なに か お つくっている ひと わ じゆうな き が した
さいきん   ひっこしました   ふと に じゅう さい の ころ お おもいだした
ひっこし が すんで   その タイミング で カーテン お かえた
きせつ の かわりめ お かんじたから   ふくそう お かえた
きらいな げいのうじん が でてるから   チャンネル お かえた
かわりたいけど   かわらない こと   かわらなきゃいけない こと
でんし に もれだす いしき   よくぼう と ぐち の はけぐち の かきこみ が
ひとごみ に ひとり   ひとり   つまっている
じゅんばん ぬかし お している   かた お おとして あるいてる
せき お ゆずってる   いちゃいちゃ している  
それ お みている じぶん が いる  

じょうだん   じょうだん に け が はえた ような まいにち が つずいている
きょう わ   きょう わ いち かい やすみ   はやく かえって ねむっていたい

ことば に しなけりゃ   つたわらない こと
ことば に しすぎて   きずつけちゃう こと
ことば に したけど   どう でも いい こと
ことば お とびこえ   かんどう する こと

そう   アンテナ お はって   いろんな もの お みて きいて
さわって   つねって たしかめて
そして かく ほうめん お すき に なって   いや に なって
そう   アンテナ お はって   ミ すって   せっきょう くさい ことば に ちょっと ひいて
うるさい   くたばれ   あくたい ついて   すう ねん ご に ゆっくり りかい して
アンテナ お はって   いろんな もの お みて きいて
さわって   つねって たしかめて
そして かちかん の うず に とびこんで   おぼれちゃって
そう   アンテナ お はって   あそんで   まなんで   わずかな よろこび みつけて    
つらかった こと も   いつか わらって   すう ねん ご に おもいだして

たからくじ あたって   さん おく えんしゅ に いれ
かちかん いかれちゃって   ダメ に なる ひと も いて
きいてないよ   きいてないよ   がっこう で わ おしえてくれないよ
しらないよ   しらないよ   しっぱい くりかえし おぼえてくよ
あの スーパー の ほう が たまご が やすいよ
さいきん   ひっこしました   ふと に じゅう さい の ころ お おもいだした

じぶん の かんがえる こと の すべて が
いや に なる ひ も   いや に なる ひ も
じぶん の やる こと   なす こと すべて が
うらめ に でる ひ も   うらめ に でる ひ も

そう   アンテナ お はって   いろんな もの お みて きいて
さわって   つねって たしかめて
そして かく ほうめん お すき に なって   いや に なって
そう   アンテナ お はって   ミ すって   せっきょう くさい ことば に ちょっと ひいて
うるさい   くたばれ   あくたい ついて   すう ねん ご に ゆっくり りかい して
アンテナ お はって   いろんな もの お みて きいて
さわって   つねって たしかめて
そして かちかん の うず に とびこんで   おぼれちゃって
そう   アンテナ お はって   あそんで   まなんで   わずかな よろこび みつけて    
つらかった こと も   いつか わらって   すう ねん ご に おもいだして

アンテナ お はって   いろんな もの お みて きいて
さわって   つねって たしかめて
そして かく ほうめん お すき に なって   いや に なって
そう   アンテナ お はって   ミ すって   せっきょう くさい ことば に ちょっと ひいて
うるさい   くたばれ   あくたい ついて   すう ねん ご に ゆっくり りかい して
アンテナ お はって   いろんな もの お みて きいて
さわって   つねって たしかめて
そして かちかん の うず に とびこんで   おぼれちゃって
そう   アンテナ お はって   あそんで   まなんで   わずかな よろこび みつけて    
つらかった こと も   いつか わらって   すう ねん ご に おもいだして

Kanji

言葉にしなけりゃ 伝わらないこと
言葉にしすぎて 傷つけちゃうこと
言葉にしたけど どうでもいいこと
言葉を飛び越え 感動すること

いつも通ってる牛丼チェーンでお腹を満たした
うっかり 漫画の4巻が2冊ダブってしまった
趣味で何かを作っている人は自由な気がした
最近 引っ越しました ふと二十歳の頃を思い出した
引越しが済んで そのタイミングでカーテンを変えた
季節の変わり目を感じたから 服装を変えた
嫌いな芸能人がでてるから チャンネルを変えた
変わりたいけど 変わらないこと 変わらなきゃいけないこと
電子に漏れ出す意識 欲望と愚痴の捌け口の書き込みが
人ごみにひとり ひとり つまっている
順番抜かしをしている 肩を落として歩いてる
席をゆずってる イチャイチャしている 
それを見ている自分がいる 

冗談 冗談に毛が生えたような毎日が続いている
今日は 今日は一回休み はやく帰って眠っていたい

言葉にしなけりゃ 伝わらないこと
言葉にしすぎて 傷つけちゃうこと
言葉にしたけど どうでもいいこと
言葉を飛び越え 感動すること

そう アンテナを張って 色んなものを見て聞いて
触って つねって確かめて
そして各方面を好きになって 嫌になって
そう アンテナを張って ミスって 説教くさい言葉にちょっと引いて
うるさい くたばれ 悪態ついて 数年後にゆっくり理解して
アンテナを張って 色んなものを見て聞いて
触って つねって確かめて
そして価値観の渦に飛び込んで 溺れちゃって
そう アンテナを張って 遊んで 学んで わずかな喜び見つけて  
つらかったことも いつか笑って 数年後に思い出して

宝くじ当たって 三億円手に入れ
価値観イカれちゃって ダメになる人もいて
聞いてないよ 聞いてないよ 学校では教えてくれないよ
知らないよ 知らないよ 失敗くりかえし覚えてくよ
あのスーパーの方が卵が安いよ
最近 引っ越しました ふと二十歳の頃を思い出した

自分の考えることのすべてが
嫌になる日も 嫌になる日も
自分のやること なすことすべてが
裏目にでる日も 裏目にでる日も

そう アンテナを張って 色んなものを見て聞いて
触って つねって確かめて
そして各方面を好きになって 嫌になって
そう アンテナを張って ミスって 説教くさい言葉にちょっと引いて
うるさい くたばれ 悪態ついて 数年後にゆっくり理解して
アンテナを張って 色んなものを見て聞いて
触って つねって確かめて
そして価値観の渦に飛び込んで 溺れちゃって
そう アンテナを張って 遊んで 学んで わずかな喜び見つけて  
つらかったことも いつか笑って 数年後に思い出して

アンテナを張って 色んなものを見て聞いて
触って つねって確かめて
そして各方面を好きになって 嫌になって
そう アンテナを張って ミスって 説教くさい言葉にちょっと引いて
うるさい くたばれ 悪態ついて 数年後にゆっくり理解して
アンテナを張って 色んなものを見て聞いて
触って つねって確かめて
そして価値観の渦に飛び込んで 溺れちゃって
そう アンテナを張って 遊んで 学んで わずかな喜び見つけて  
つらかったことも いつか笑って 数年後に思い出して

Leave a Reply

Your email address will not be published.