Vickeblanka – Ponytail lyrics (romaji and hiragana)

Vickeblanka – Ponytail lyrics (romaji and hiragana)

Romaji

momoiro no sora no shita de
kimi wo machikogarete iru
atarashii kisetsu
yasashii hikari ga atatakaku te

hanashitakunai kimochi ni
ki ga tsuku tabi mata boku wa
kitto kimi mo onaji da to
kanchigai shitakunaru yo

kaze ga honnori kaori wo tsukete
futari wo sukoshi yoseta kara
toki wa sarani kasoku shiteku
dareni mo yuzurenai yo

sometate no Ponii teiru wo
yurashi nagara kimi wa haru wo tsugeru
boku no mune wo nandomo furuwaseru
kotoba ja tarinakute
ima shinjirarenai hodo
kimi dake wo mitsumete ikite yukeru

isshou chiranai hana wo ageru
dakara zutto zutto
kore kara mo soba ni ite

honki de itteru no tte
kimi wa mujaki ni waratta
wakatte kureta toki no
odoroku kao ga hayaku mitai

fuan na toki wa omoi ga kezu ni
kizutsuketa tte kamawanai yo
sonna koto wo kangae nagara
nagai hi wo koete kita

surikireta ichi nichi mo
saigo wa kimi no moto e maimodoru
kono kokoro-goto kimi wo aishiteru
ima sugu furetakute

kono koi ga nakunattara
hana no kaori mo yowaku natte yuki
kono keshiki mo kitto kiete shimau kara
mou doko e mo ikanaide
eien ni eien ni

sometate no Ponii teiru wo
yurashi nagara kimi wa haru wo tsugeru
boku no mune wo nandomo furuwaseru
kotoba ja todokanai tokoro made

ima shinjirarenai hodo
kimi dake wo mitsumete ikite yukeru

isshou chiranai hana wo ageru
dakara donna kanashimi mo
subete kimi no tame ni
dakishimete norikoete
tsuyoku nareta boku dakara
itsumade mo zutto
kore kara mo soba ni ite

Hiragana

ももいろ の そら の した で
くん お まちこがれている
あたらしい きせつ
やさしい ひかり が あたたかくて

はなしたくない きもち に
き が つく たび また ぼく わ
きっと きみ も おなじだと
かんちがい したく なるよ

かぜ が ほんのり かおり お つけて
に にん お すこし よせたから
とき わ さらに かそく してく
だれ に も ゆずれないよ

そめたて の ぽにいている お
ゆらしながら きみ わ はる お つげる
ぼく の むね お なん ど も ふるわせる
ことば じゃ たりなくて
いま しんじられない ほど
くん だけ お みつめて いきて いける

いっしょう ちらない はな お あげる
だから ずっと ずっと
これから も そば に いて

ほんき で いってる の って
くん わ むじゃき に わらった
わかってくれた とき の
おどろく かお が はやく みたい

ふあんな とき わ おもいがけず に
きずつけた って かまわないよ
そんな こと お かんがえながら
ながい ひ お こえてきた

すりきれた いち にち も
さいご わ きみ の もと え まいもどる
この こころごと くん お あいしてる
いま すぐ ふれたくて

この こい が なくなったら
はな の かおり も よわく なってゆき
この けしき も きっと きえてしまうから
もう どこ え も いかないで
えいえん に   えいえん に

そめたて の ぽにいている お
ゆらしながら きみ わ はる お つげる
ぼく の むね お なん ど も ふるわせる
ことば じゃ とどかない ところ まで

いま しんじられない ほど
くん だけ お みつめて いきて いける

いっしょう ちらない はな お あげる
だから どんな かなしみ も
すべて くん の ため に
だきしめて のりこえて
つよく なれた ぼくだから
いつ まで も ずっと
これから も そば に いて

Kanji

桃色の空の下で
君を待ち焦がれている
新しい季節
優しい光が暖かくて

離したくない気持ちに
気がつくたびまた僕は
きっと君も同じだと
勘違いしたくなるよ

風がほんのり香りをつけて
二人を少し寄せたから
時はさらに加速してく
誰にも譲れないよ

染めたてのポニーテイルを
揺らしながら君は春を告げる
僕の胸を何度も振るわせる
言葉じゃ足りなくて
今信じられないほど
君だけを見つめて生きて行ける

一生散らない花をあげる
だからずっとずっと
これからもそばにいて

本気で言ってるのって
君は無邪気に笑った
わかってくれた時の
驚く顔が早くみたい

不安な時は思いがけずに
傷つけたって構わないよ
そんなことを考えながら
長い日を超えてきた

擦り切れた一日も
最後は君の元へ舞い戻る
この心ごと君を愛してる
今すぐ触れたくて

この恋がなくなったら
花の香りも弱くなってゆき
この景色もきっと消えてしまうから
もうどこへも行かないで
永遠に 永遠に

染めたてのポニーテイルを
揺らしながら君は春を告げる
僕の胸を何度も振るわせる
言葉じゃ届かないところまで

今信じられないほど
君だけを見つめて生きて行ける

一生散らない花をあげる
だからどんな悲しみも
全て君のために
抱きしめて乗り越えて
強くなれた僕だから
いつまでもずっと
これからもそばにいて

Leave a Reply

Your email address will not be published.