SEKAI NO OWARI – silent Lyrics | Kono Koi Atatamemasu ka Theme Song

SEKAI NO OWARI – silent Lyrics

Romaji

junpaku no yuki ga furu
machi kara oto ga subete ubawarete itta
konna ni shizuka da to
tojikometa kotoba mo kikoete shimai sou

zatsuon no naka, anata no koe dake kokoro ni tokete iku
marude miruku wo koboshita you na sonna yoru

sora wo miagete hitori tsubuyaita
kiete hoshii you na kotoba dake
dakedo kokoro no oto dake wa
kono yuki mo ubaenai

kurisumasu nante nakereba
itsumo toori no nanni mo kawaranai yoru na no ni
sei naru senritsu wa yuki ni tokete
jibun no kodou ga hibiite iru
yoru wo oyogu you ni sugoshita ano shunkan wo
kono sunou doumu mitai ni tojikomeraretara
mienai hoshi ni negai wo komete
oto ga nakunatta yoru ni

taion de tokeru yuki no kesshou fureru koto ga dekinai
anata wa watashi no shiranai jikan no naka ni iru

kogoeru karada, chikara wo nuitara
furue ga sukoshi osamatta
demo sore wa setsuna muishiki no uchi ni
karada ga kowabatte iku

konna masshiro na sekai no naka ni itara
jibun dake chotto yogoreteru mitai
seijaku no oto ga urusaku te
kon’ya wa kitto nemurenai
toki wo kanaderu you ni yorisotta kirameki da to shitemo
me wo tojiru to nozonde mo nai no ni omoidashite shimau
kono furitsumoru yuki wa
yappari anata to mitakatta na

junpaku no yuki ga furu
“furu nara tsumotte ne, kitanaku naru dake dakara”
sonna koto wo omotta watashi wa
donna kao shiteta?

kurisumasu nante nakereba
itsumo toori no nanni mo kawaranai yoru na no ni
sei naru senritsu wa yuki ni tokete
jibun no kodou ga hibiite iru
yoru wo oyogu you ni sugoshita ano shunkan wo
kono sunou doumu mitai ni tojikomeraretara
mienai hoshi ni negai wo komete
oto ga nakunatta yoru ni

Kanji

純白の雪が降る
街から音が全て奪われていった
こんなに静かだと
閉じ込めた言葉も聴こえてしまいそう

雑音の中、貴方の声だけ心に溶けていく
まるでミルクを溢した様なそんな夜

空を見上げて一人呟いた
消えて欲しいような言葉だけ
だけど心の音だけは
この雪も奪えない

クリスマスなんて無ければ
いつも通りの何にも変わらない夜なのに
聖なる旋律は雪に溶けて
自分の鼓動が響いている
夜を泳ぐように過ごしたあの瞬間を
このスノードームみたいに閉じ込められたら
見えない星に願いを込めて
音が無くなった夜に

体温で溶ける雪の結晶 触れることが出来ない
貴方は私の知らない時間の中にいる

凍える身体、力を抜いたら
震えが少し治まった
でもそれは刹那 無意識のうちに
身体が強張っていく

こんな真っ白な世界の中にいたら
自分だけちょっと汚れてるみたい
静寂の音が煩くて
今夜はきっと眠れない
時を奏でるように寄り添った 煌めきだとしても
目を閉じると望んでもないのに思い出してしまう
この降り積もる雪は
やっぱり貴方と見たかったな

純白の雪が降る
「降るなら積もってね、汚くなるだけだから」
そんな事を思った私は
どんな顔してた?

クリスマスなんて無ければ
いつも通りの何にも変わらない夜なのに
聖なる旋律は雪に溶けて
自分の鼓動が響いている
夜を泳ぐように過ごしたあの瞬間を
このスノードームみたいに閉じ込められたら
見えない星に願いを込めて
音が無くなった夜に

Leave a Reply

Your email address will not be published.