Ikuta Lilas – Answer Lyrics

Romaji

kono mama doko made
aruite yukun darou
kagami ni utsuru jibun wo mitsumete
kotae wa mitsukaranai
mada sukoshi kaketeru kokoro
dakishimete itai ima wa

uzukumatte namida koboshita yoru
kodoku ga boku wo sodatete yuku
bukiyou na dake ni fugai nai
jibun wo urande mo
tsuzuku hibi no naka de
yume wo mite itai

asahi ga noboru
“itsuka” wo oikakeru
nobashita te de wa
mada todokanai basho
kono mune no oku ni sumitsuku okubyou ga
boku no kokoro wo mushibamanu you ni
ima hodoite yuku

hi ni hi ni tsunotte iku
kakaekirenai kitai ga
boku no kokoro wo oikoshite yuku
“daijoubu” kuchi ni dasu kotoba wa
kanjou no uragaeshi
yowamushi nan da

hette iku jikan fuete iku nimotsu
sakasama ni shita sunadokei no you ni
sugisatta jikan wo mou ichido
yarinaosetemo
boku wa mata kitto kono michi wo erabu

mabuta wo tojite tashikameta omoi ga
oikaze ni notte hayasa wo mashite iku
toki ni ashimoto toraresou na hi mo
machigau koto wo mou osorenaide
fumidashite yuku yo

taguriyoseta mirai yosou zu
kono te de kakikaete yuku

mienai koe ni
ubawarenai you ni
koko ni iru tame no boku no shoumei wo
omoiegaita hibi wo kasanete iku
furikaereba mou musuu no gooru rain
koete kita akashi

kono mama doko made
aruite yukun darou
kagami ni utsuru boku ga unazuku
mikansei na mama de ii
tarinai kakera sagashite
hibi wo mata tsumuide yuku

Hiragana

この まま どこ まで
あるいていく んだろう
かがみ に うつる じぶん お みつめて
こたえ わ みつからない
まだ すこし かけてる こころ
だきしめていたい いま わ

うずくまって なみだ こぼした よる
こどく が ぼく お そだてていく
ぶきような だけ に ふがいない
じぶん お うらんで も
つずく ひび の なか で
ゆめ お みていたい

あさひ が のぼる
「 いつか 」 お おいかける
のばした て で わ
まだ とどかない ばしょ
この むね の おく に すみつく おくびょう が
ぼく の こころ お むしばまぬ よう に
いま ほど いていく

ひにひに つのっていく
かかえきれない きたい が
ぼく の こころ お おいこしていく
「 だいじょうぶ 」 くち に だす ことば わ
かんじょう の うらがえし
よわむしな んだ

へっていく じかん   ふえていく にもつ
さかさま に した すなどけい の よう に
すぎさった じかん お もういちど
やりなおせて も
ぼく わ また きっと この みち お えらぶ

まぶた お とじて たしかめた おもい が
おいかぜ に のって はや さ お ましていく
ときに あしもと とられ そうな ひ も
まちがう こと お もう おそれないで
ふみだしていくよ

たぐり よせた みらい よそうず
この て で かきかえていく

みえない こえ に
うばわれない よう に
ここ に いる ため の ぼく の しょうめい お
おもいえがいた ひび お かさねていく
ふりかえれば もう   むすう の ゴール ライン
こえてきた あかし

この まま どこ まで
あるいていく んだろう
かがみ に うつる ぼく が うなずく
み かんせいな ままで いい
たりない かけら さがして
ひび お また つむいでいく

romaji thanks to LN

Leave a Reply

Your email address will not be published.