Freeze by flumpool Lyrics

Romaji

kinō ki ni shite ita no wa dareka no shisen yori
jibun jishin no me to ka sonna fū na mono datta no darō ka

tatakau basho nado doko demo yoku te sa
tada dareka no soba de aisaretai dake no hibi ni

sadame da to ka shimei da to ka no kimarigoto ni
azukerare wa shinai sonna hikari wo mitsuketan da

sā hitomi wo tojita shunkan betsu no boku ga me wo samasu yo
michishirube wa tatta hitotsu kimi wo omou kodō
sono egao mireru nara boku wa nanni demo kawatte miseru kara
kikkake wa itsumo hitotsu kimi wo motomeru kōdō

nagaku tsuzuita retsu no sai kōbi narande
jibun no ban ga kureba sōzō shiteta mono janai yō na

me ni mieru koto dake ki ni shite bakari de
tatoeba ushiro de kieru ashiato sae mo wasurete

jidai da to ka hayari da to ka no mikake dake ni
kitai shitaku wa nai
sō sa jibun de kaetekun da

sā hitomi wo tojita shunkan kako no kizu mo ukande kite
fumidase to sekasu boku mo todomare to yū boku mo
sonna mujun sae mo sotto kimi wa sono subete tsunaide kureru kara
“kekka” to wa itsu datte shinjita michi no koto

sā hitomi wo tojita shunkan hontō no boku ni deaeru yo
mokuteki chi wa kitto hitotsu kimi no naka no kodō

sono egao mireru nara boku wa nanni de mo henshin kawatte miseru kara
kikkake wa itsumo hitotsu kimi wo motomeru kōdō
furimuita saki de kimi to waraeru yō ni


Hiragana

きのう き に していた の わ   だれ か の しせん より
じぶん じしん の め とか   そんな かぜな ものだった のだろう か

たたかう ばしょ など   どこ でも よくてさ
ただ だれ か の そば で   あいされたい だけ の ひび に

うんめい ( さだめ だ とか   しめいだ とか の きまりごと に
あずけられ わ しない   そんな ひかり お みつけた んだ

さあ ひとみ お とじた しゅんかん   べつ の ぼく が め お さますよ
どうひょう わ たった ひとつ   きみ お おもう こどう
その えがお みれるなら   ぼく わ なん に でも へんしん ( かわ ) って みせるから
きっかけ わ いつも ひとつ   きみ お もとめる こうどう

ながく つずいた れつ の   さい こうび ならんで
じぶん の ばん が くれば   そうぞう してた もの じゃない ような

め に みえる こと だけ   き に して ばかりで
たとえば うしろ で きえる   あしあと さえ も わすれて

じだいだ とか   はやりだ とか の みかけ だけ に
きたい したく はない
そうさ   じぶん で かえて くんだ

さあ ひとみ お とじた しゅんかん   かこ の きず も うかんできて
ふみだせ と せかす ぼく も   とどまれ という ぼく も
そんな むじゅん さえ もそっと   きみ わ その すべて つないでくれるから
「 けっか 」 と わ いつ だって   しんじた みち の こと

さあ ひとみ お とじた しゅんかん   ほんとう の ぼく に であえるよ
もくてきち わ きっと ひとつ   きみ の なか の こどう

その えがお みれるなら   ぼく わ なん に でも へんしん ( かわ ) って みせるから
きっかけ わ いつも ひとつ   きみ お もとめる こうどう
ふりむいた さき で   きみ と わらえる よう に


Kanji

昨日気にしていたのは 誰かの視線より
自分自身の目とか そんな風なものだったのだろうか

戦う場所など どこでもよくてさ
ただ誰かのそばで 愛されたいだけの日々に

運命(さだめ)だとか 使命だとかの決まりごとに
預けられはしない そんな光を見つけたんだ

さあ瞳を閉じた瞬間 別の僕が目を覚ますよ
道標はたった一つ 君を想う鼓動
その笑顔見れるなら 僕はなんにでも変身(かわ)ってみせるから
きっかけはいつも一つ 君を求める行動

長く続いた列の 最後尾並んで
自分の番がくれば 想像してたものじゃないような

目に見えることだけ 気にしてばかりで
例えば後ろで消える 足跡さえも忘れて

時代だとか 流行りだとかの見かけだけに
期待したくはない
そうさ 自分で変えてくんだ

さあ瞳を閉じた瞬間 過去の傷も浮かんできて
踏み出せと急かす僕も とどまれという僕も
そんな矛盾さえもそっと 君はその全て繋いでくれるから
「結果」とはいつだって 信じた道のこと

さあ瞳を閉じた瞬間 本当の僕に出会えるよ
目的地はきっと一つ 君の中の鼓動

その笑顔見れるなら 僕はなんにでも変身(かわ)ってみせるから
きっかけはいつも一つ 君を求める行動
振り向いた先で 君と笑えるように

Leave a Reply

Your email address will not be published.