Yuuri – Hikousen Lyrics (romaji and hiragana)

優里 – 飛行船 MV

Yuuri – Hikousen romaji lyrics

sora ni mukau hikousen nagamete ita
boku mo zettai ni tsuyoku naru kara to
chikatta ano hi ni aseri mo arun da

kimi wo nosete iku tte kimeta hi kara
daredemo naku jibun no tame ni
naite waratte kita hibi ga
buatsui kumo tsukiyaburu toki ga kita

fukuranda kono hikousen wa
bokura de sora ni tobashitan da
mune ga atsuku moeru suishinryoku wa
kimi ga kureta kara
kadara-juu kakemegutte
koware sou demo ugokasun da
boku to kimi no hikousen dakara

fukai ao ni mogutte sagashite ita
ano hi no chikai wo kimi wa oboete iru?
kanattarada to ka mayottarada to ka
mirai ga hateshi naku te kitto

souzou ijou no namida mo itami mo
konna ni karada wo mushibamu saiaku na yoru mo
bukiyou demo sakebu
kakaekomu subete wo nagesutete mo
ano hiroi ao e

fukuranda kono hikousen wa
bokura de sora ni tobashitan da
mune ga atsuku moeru suishinryoku wa
kimi ga kureta kara
kadara-juu kakemegutte
koware sou demo ugokasun da
boku to kimi no hikousen dakara

mou muri da nante akirameru dame na shoubun mo
genkai wo koete susumu tabi ni moete kieta sōsa
chiisana karada da kitto dare yori mo okubyou da
nenryou ga tsuki sou na fuan mo
zenbu kakiwakerun da

arashi no naka no hikousen wa
bokura de sora ni tobashitan da
mune ga atsuku moeru suishinryoku wa
kimi ga kureta kara
kadara-juu kakemegutte
koware sou demo ugokasun da
kimi ga akirame sou na toki da tte

boroboro no hikousen wa
bokura de sora ni tobashitan da
tadoritsuku ka dou ka nante iin da
hitori ni shinai sa
kadara-juu kakemegutte
koware sou demo ugokasun da
boku to kimi no hikousen dakara

tomarenain da tomerarenain da
tomaritaku nain da


Hiragana

そら に むかう ひこう-せん   ながめて いた
ぼく も ぜったい に つよく なる から と
ちかった あの ひ に あせり も ある ん だ

きみ を のせて いく って きめた ひ から
だれ で も なく じぶん の ため に
ないて わらって きた ひび が
ぶあつい くも つきやぶる とき が きた

ふくらんだ この ひこう-せん は
ぼく-ら で そら に とばした ん だ
むね が あつく もえる すいしん-りょく は
きみ が くれた から
しんたい-ちゅう かけめぐって
こわれ そう で も うごかす ん だ
ぼく と きみ の ひこう-せん だ から

ふかい あお に もぐって   さがして いた
あの ひ の ちかい を   きみ は おぼえて いる?
かなったらだ と か   まよったらだ と か
みらい が はてし なく て   きっと

そうぞう いじょう の   なみだ も いたみ も
こんな に からだ を むしばむ   さいあく な よる も
ふ きよう で も さけぶ
かかえこむ すべて を なげすてて も
あの ひろい あお へ

ふくらんだ この ひこう-せん は
ぼく-ら で そら に とばした ん だ
むね が あつく もえる すいしん-りょく は
きみ が くれた から
しんたい-ちゅう かけめぐって
こわれ そう で も うごかす ん だ
ぼく と きみ の ひこう-せん だ から

もう むり だ なんて   あきらめる だめ な しょうぶん も
げんかい を こえて すすむ たび に   もえて きえた   そうさ
ちいさな からだ だ   きっと だれ より も おくびょう だ
ねんりょう が つき そう な ふあん も
ぜんぶ かきわける ん だ

あらし の なか の ひこう-せん は
ぼく-ら で そら に とばした ん だ
むね が あつく もえる すいしん-りょく は
きみ が くれた から
しんたい-ちゅう かけめぐって
こわれ そう で も うごかす ん だ
きみ が あきらめ そう な とき だ って

ボロボロ の ひこう-せん は
ぼく-ら で そら に とばした ん だ
たどりつく か どう か なんて いい ん だ
ひとり に しない さ
しんたい-ちゅう かけめぐって
こわれ そう で も うごかす ん だ
ぼく と きみ の ひこう-せん だ から

とまれない ん だ   とめられない ん だ
とまりたく ない ん だ


Kanji

空に向かう飛行船 眺めていた
僕も絶対に強くなるからと
誓ったあの日に焦りもあるんだ

君を乗せて行くって決めた日から
誰でもなく自分のために
泣いて笑ってきた日々が
分厚い雲 突き破る時が来た

膨らんだこの飛行船は
僕らで空に飛ばしたんだ
胸が熱く燃える推進力は
君がくれたから
身体中駆け巡って
壊れそうでも動かすんだ
僕と君の飛行船だから

深い青に潜って 探していた
あの日の誓いを 君は覚えている?
叶ったらだとか 迷ったらだとか
未来が果てしなくて きっと

想像以上の 涙も痛みも
こんなに身体を蝕む 最悪な夜も
不器用でも叫ぶ
抱え込む全てを投げ捨てても
あの広い青へ

膨らんだこの飛行船は
僕らで空に飛ばしたんだ
胸が熱く燃える推進力は
君がくれたから
身体中駆け巡って
壊れそうでも動かすんだ
僕と君の飛行船だから

もう無理だなんて 諦める駄目な性分も
限界を超えて進む度に 燃えて消えた そうさ
小さな身体だ きっと誰よりも臆病だ
燃料が尽きそうな不安も
全部搔き分けるんだ

嵐の中の飛行船は
僕らで空に飛ばしたんだ
胸が熱く燃える推進力は
君がくれたから
身体中駆け巡って
壊れそうでも動かすんだ
君が諦めそうなときだって

ボロボロの飛行船は
僕らで空に飛ばしたんだ
たどり着くかどうかなんていいんだ
一人にしないさ
身体中駆け巡って
壊れそうでも動かすんだ
僕と君の飛行船だから

止まれないんだ 止められないんだ
止まりたくないんだ

Leave a Reply

Your email address will not be published.