Yorushika – Haru Dorobou Lyrics (romaji and hiragana)

Yorushika – Spring Thief Lyrics

ヨルシカ – 春泥棒 歌詞

Romaji

kouka kyou wo nuketara kumo no sukima ni ao ga nozoita
saikin doumo atsuikara tada kaze ga fuku no wo matteta

kokage ni suwaru
nani ka hou ni tsuku
miagereba zujou ni saite chiru

harari, bokura mou iki mo wasurete
mabataki sae okkuu
saa, kyou sae ashita kako ni kawaru
tada kaze wo matsu
dakara bokura mou koe mo wasurete
sayonara sae okkuu
tada hana ga furu dake hareri
ima, haru fubuki

tsugi no hi mo machiawase
hanami no kyaku mo sukunaku natta
haru no nioi wa mou yamu
kotoshi mo natsu ga kuru no ka

kouka kyou wo nuketara michi no saki ni kimi ga nozoita
nokori wa dore dake kana
dore dake haru ni aeru darou

kawazoi no oka, kokage ni suwaru
mata kinou to kawarazu kyou mo saku hana ni,

bokura mou iki mo wasurete
mabataki sae okkuu
hana chirase ima fuku kono arashi wa
masani haru dorobou
kaze ni kyou mo mou toki ga nagarete
tatsu koto sae okkuu
hana no sukima ni sora, chireri
mada, haru fubuki

kyou mo ai ni iku
kokage ni suwaru
tameiki wo tsuku
hana mo mou owaru
ashita mo ai ni iku
haru ga mou owaru
na nokoru you ni jikan ga chitteiku

ai wo utaeba kotobatarazu
fumu in sae okkuu
hanahiraita ima wo kotoba gotoki ga katareru mono ka

harari, bokura mou koe mo wasurete
mabataki sae okkuu
hanami wa bokura dake
chiruna mada, haru fubuki

ato mou sukoshi dake
mou kazoerareru dake
ato hana futatsu dake
mou hana hitotsu dake

tada ha ga nokoru dake, harari
ima, haru shimai

Hiragana

こうかきょう お ぬけたら くも の すきま に あお が のぞいた
さいきん どうも あついから ただふう が ふく の お まってた

こかげ に すわる
なに か ほう に つく
みあげれば ずじょう に さいて ちる

はらり 、 ぼくら もう いき も わすれて
まばたき さえ おっくう
さあ 、 きょう さえ あした かこ に かわる
ただふう お まつ
だから ぼくら もう こえ も わすれて
さよなら さえ おっくう
ただ はな が ふる だけ はれり
いま 、 はる ふぶき

つぎ の ひ も まちあわせ
はなみ の きゃく も すくなく なった
はる の におい わ もう やむ
ことし も なつ が くる の か

こうかきょう お ぬけたら みち の さき に きみ が のぞいた
のこり わ どれ だけ かな
どれ だけ はる に あえるだろう

かわぞい の おか 、 こかげ に すわる
また きのう と かわらず きょう も さく はな に 、

ぼくら もう いき も わすれて
まばたき さえ おっくう
はな ちらせ いま ふく この あらし わ
まさに しゅんでい ぼう
かぜ に きょう も もう じ が ながれて
たつ こと さえ おっくう
はな の すきま に そら 、 ちれり
まだ 、 はる ふぶき

きょう も あい に いく
こかげ に すわる
ためいき お はく
はな も もう おわる
あした も あい に いく
はる が もう おわる
な のこる よう に じかん が ちっていく

あい お うたえば ことばたらず
ふむ いん さえ おっくう
はなひらいた いま お ことばごとき が かたれる もの か

はらり 、 ぼくら もう こえ も わすれて
まばたき さえ おっくう
はなみ わ ぼくら だけ
ちるな まだ 、 はる ふぶき

あと もうすこし だけ
もう かぞえられる だけ
あと はな ふたつ だけ
もう はな ひとつ だけ

ただ は が のこる だけ 、 はらり
いま 、 はる しまい

Kanji

高架橋を抜けたら雲の隙間に青が覗いた
最近どうも暑いからただ風が吹くのを待ってた

木陰に座る
何か頬に付く
見上げれば頭上に咲いて散る

はらり、僕らもう息も忘れて
瞬きさえ億劫
さぁ、今日さえ明日過去に変わる
ただ風を待つ
だから僕らもう声も忘れて
さよならさえ億劫
ただ花が降るだけ晴れり
今、春吹雪

次の日も待ち合わせ
花見の客も少なくなった
春の匂いはもう止む
今年も夏が来るのか

高架橋を抜けたら道の先に君が覗いた
残りはどれだけかな
どれだけ春に会えるだろう

川沿いの丘、木陰に座る
また昨日と変わらず今日も咲く花に、

僕らもう息も忘れて
瞬きさえ億劫
花散らせ今吹くこの嵐は
まさに春泥棒
風に今日ももう時が流れて
立つことさえ億劫
花の隙間に空、散れり
まだ、春吹雪

今日も会いに行く
木陰に座る
溜息を吐く
花ももう終わる
明日も会いに行く
春がもう終わる
名残るように時間が散っていく

愛を歌えば言葉足らず
踏む韻さえ億劫
花開いた今を言葉如きが語れるものか

はらり、僕らもう声も忘れて
瞬きさえ億劫
花見は僕らだけ
散るなまだ、春吹雪

あともう少しだけ
もう数えられるだけ
あと花二つだけ
もう花一つだけ

ただ葉が残るだけ、はらり
今、春仕舞い

kanji thanks to LN

Leave a Reply

Your email address will not be published.