YOASOBI – Sangenshoku Lyrics

Romaji

dokoka de togireta monogatari
bokura mou ichido sono saki e
tatoe nando hanarete shimattemo
hora tsunagatte iru

sore ja mata ne kawashita kotoba
are kara ikutsu asahi wo mitan da
sorezore no kurashi no saki de
ano hi no tsuzuki saikai no hi

machiawase made no jikan ga tada
sugite yuku tabi ni mune ga takanaru
ameagari no sora mi agereba
ano hi to onaji you ni kakaru nanairo no hashi

koko de mou ichido deaetan da yo
bokura tsunagatte itan da zutto
hanashitai koto tsutaetai koto tte
afurete tomaranai kara
hora hodokete iya shinai yo, kitto
meguru kisetsu ni sekasarete
tsuzuku michi sono saki mata
hanaretatte sa nando datte sa
tsuyoku musubi naoshita nara mata aeru

koko made aruite kita michi wa
sorezore chigau keredo
onaji asahi ni ima terasareteru
mata kasanari aetan da

dokoka de togireta monogatari
bokura mou ichido sono saki e
hanashitai koto tsutaetai koto tte
peeji wo umete yuku you ni
hora kaki tasou yo nando demo

itsuka miageta akai yuuhi mo
tomo ni sugoshita aoi hibi mo
wasurenai kara kie ya shinai kara
midori ga mebuku you ni mata aeru kara
monogatari wa shiroi asahi kara hajimaru
“mata ashita”

romaji thanks to LN


Hiragana

どこ か で とぎれた ものがたり
ぼくら もういちど その さき え
たとえ なん ど はなれてしまって も
ほら   つながっている

それ じゃ またね   かわした ことば
あれ から いくつ あさひ お みた んだ
それぞれ の くらし の さき で
あの ひ の つずき   さいかい の ひ

まちあわせ まで の じかん が ただ
すぎてゆく たび に むね が たかなる
あめあがり の そら みあげれば
あの ひ と おなじ よう に   かかる なないろ の はし

ここ で もういちど であえた んだよ
ぼくら つながっていた んだ ずっと
はなしたい こと   つたえたい こと って
あふれて とまらないから
ほら   ほどけて いや しないよ 、 きっと
めぐる きせつ に せかされて
つずく みち その さき また
はなれた ってさ   なん ど だってさ
つよく むすびなおしたなら   また あえる

ここ まで あるいてきた みち わ
それぞれ ちがうけれど
おなじ あさひ に   いま てらされてる
また かさなり あえた んだ

どこ か で とぎれた ものがたり
ぼくら もういちど その さき え
はなしたい こと   つたえたい こと って
ページ お うめてゆく よう に
ほら   えがき たそうよ   なん ど でも

いつか みあげた あかい ゆうひ も
ともに すごした あおい ひび も
わすれないから   きえやしないから
みどり が めぶく よう に   また あえるから
ものがたり わ しろい あさひ から はじまる
「 また あした 」

Leave a Reply

Your email address will not be published.