Wolpis Kater – Amago Lyrics

ウォルピスカーター – 雨子 歌詞

Romaji:

kaeru wa kasa no saki wo nigeru you ni
itsumo doori no kaerimichi da yo
kinou to chigau no wa kimi no kasa ga nai
hitorikiri no kaerimichi da yo

ameagari no
nioi ni toketeita

“dou shitemo dou shitemo
wasurerarenai darou
sandaru no shounen to hi ni yaketa kioku ga
kakushiteru no wa?
sore ja kaerou ka
houkago ni mata aou
nazonazo no kotae wa mata ashita
kangaete mite ne”

kimi no kasa ni kawari arawarete
boku ni nazo wo toite kuru no wa
ame no hi kaerimichi ni dake tsuite kuru
midori no kami no onna no ko

ame ni magire
boku ni wa mieteita

“dou shitemo dou shitemo
omoidasenai no wa
hansode no shounen ga seou ni wa toutei
ita sugiru kara
dakara karita no yo
bouya no kioku wo
nazonazo no kotae wa mata ashita
kangaete mite ne”

kaeru wa kasa no saki wo nigeru you ni
moshi ka shite boku wa taisetsu na koto wo wasureteiru no ka

“dou shitara dou shitara
sukueru to iu darou
ki ga tsuita shounen ni nijiriyoru makoto ga
teritsuketeiru
ame wa naiteita
mou mamorenai no yo
nazonazo no kotae wo kaeshitara
amago wa sayonara da yo”

Kanji:

蛙は傘の先を逃げるように
いつもどーりの帰り道だよ
昨日と違うのは君の傘が無い
ひとりきりの帰り道だよ

雨上がりの
匂いに溶けていた

「どうしてもどうしても
忘れられないだろう
サンダルの少年と日に焼けた記憶が
隠してるのは?
それじゃ帰ろうか
放課後にまた会おう
なぞなぞの答えはまた明日
考えてみてね」

君の傘に代わり現れて
僕になぞを説いてくるのは
雨の日帰り道にだけついて来る
緑の髪の女の子

雨に紛れ
僕には見えていた

「どうしてもどうしても
思い出せないのは
半袖の少年が背負うには到底
痛すぎるから
だから借りたのよ
ぼーやの記憶を
なぞなぞの答えはまた明日
考えてみてね」

蛙は傘の先を逃げるように
もしかして僕は大切なことを忘れているのか

「どうしたらどうしたら
救えると言うだろう
気が付いた少年ににじり寄る真実(まこと)が
照り付けている
雨は泣いていた
もう守れないのよ 
なぞなぞの答えを返したら
雨子はさよならだよ」

Source: LN

Leave a Reply

Your email address will not be published.