WANIMA – Tsuki no Soba de Lyrics (romaji and hiragana)

WANIMA – Tsuki no Soba de Lyrics

Romaji

kirihanasarete suteraretan da
toorisugiru ima ni komiageru omoi
zankoku na hodo ni fumitsubushita yume

kanashimi ni obore taikutsu wo oyogu
mou moto ni modoranai

dare mo shiranai
tsuki ga kaketa yoru no sumi de samayoi sagashita
kudaranai to waraitobashite kure
kawarihateta sugata wo

dare mo inai
hana wo chirashita haru no sumi de gikochinaku yureteta
atatakai to hidamari wo nokoshite
omoi ukabeta sugata wo

kirihanasarete tsutaekirenai mama
toorisugita ima ni tayorinai omoi
torimidasu hodo ni sabitsuita uzu no naka

nani wo dou yatte mo asu wa kumoridashite
motto chikaku de furete itakatta
kireta ito wo musunde hedaterareta kabe wo kowashite
mou sukoshi dake ikitete mo ii ka na

dare mo shiranai
tsuki ga kaketa yoru no sumi de samayoi sagashita
tsumaranai to waraitobashite kure
kawarihateta sugata wo

dare mo inai
hana wo chirashita haru no sumi de gikochinaku yureteta
yawarakai to hidamari wo nokoshite
omoi ukabeta sugata wo

nanigenai hitokoto ni sukuwareta koto
kawarazu oboete iraremasu you ni
nani mo nai ano koro ni soba ni ita koto
wasurezuoboete iraremasu you ni
kaketa tsuki wo miage

hikihanasarete hiraita doa


Hiragana

きりはなされて すてられた ん だ
とおりすぎる いま に こみあげる おもい
ざんこく な ほど に ふみつぶした ゆめ

かなしみ に おぼれ   たいくつ を およぐ
もう もと に もどらない

だれ も しらない
つき が かけた よる の すみ で   さまよいさがした
くだらない と わらいとばして くれ
かわりはてた すがた を

だれ も いない
はな を ちらした はる の すみ で   ぎこちなく ゆれてた
あたたかい と ひだまり を のこして
おもいうかべた すがた を

きりはなされて   つたえきれない まま
とおりすぎた いま に   たよりない おもい
とりみだす ほど に   さびついた うず の なか

なん を どう やって も   あす は くもりだして
もっと ちかく で ふれて いたかった
きれた いと を むすんで   へだてられた かべ を こわして
もう すこし だけ いきてて も いい か な

だれ も しらない
つき が かけた よる の すみ で   さまよいさがした
つまらない と わらいとばして くれ
かわりはてた すがた を

だれ も いない
はな を ちらした はる の すみ で   ぎこちなく ゆれてた
やわらかい と ひだまり を のこして
おもいうかべた すがた を

なん-げ ない ひとこと に すくわれた こと
かわらずおぼえて いられます よう に
なん も ない あの ころ に がわ に いた こと
わすれずおぼえて いられます よう に
かけた つき を みかみ

ひきはなされて ひらいた ドア


Kanji

切り離されて捨てられたんだ
通り過ぎる今に込み上げる思い
残酷なほどに踏み潰した夢

悲しみに溺れ 退屈を泳ぐ
もう元に戻らない

誰も知らない
月が欠けた夜の隅で 彷徨い探した
くだらないと笑い飛ばしてくれ
変わり果てた姿を

誰もいない
花を散らした春の隅で ぎこちなく揺れてた
あたたかいとひだまりを残して
思い浮かべた姿を

切り離されて 伝えきれないまま
通り過ぎた今に 頼りない思い
取り乱すほどに 錆びついた渦の中

何をどうやっても 明日は曇りだして
もっと近くで触れて居たかった
切れた糸を結んで 隔てられた壁を壊して
もう少しだけ生きててもいいかな

誰も知らない
月が欠けた夜の隅で 彷徨い探した
つまらないと笑い飛ばしてくれ
変わり果てた姿を

誰もいない
花を散らした春の隅で ぎこちなく揺れてた
やわらかいとひだまりを残して
思い浮かべた姿を

何気ない一言に救われたこと
変わらず憶えていられますように
何もないあの頃に側にいたこと
忘れず憶えていられますように
欠けた月を見上げ

引き離されて開いたドア

Leave a Reply

Your email address will not be published.