WANIMA – Negau Koto Lyrics (romaji and hiragana)

WANIMA – Negau Koto Lyrics

Romaji

kyou wo ikiru michinori no saki ni dake kono uta wo todoketai

kami-sama kara henji wa konai kara
shinjitsu wa yurete yugamudeshou
okashita tsumi no sabaki wa itsuka
furerarenai mama wakarete yuku no ka

dare mo ga nozomu koto wo
kinjiru you ni ubau keredo
tochuu datta hanashi no tsuzuki wa itsuka
uyamuya ni dekizu ni iru

taikutsu wo kainarashiteru
yodonda kuuki hibiku gitaa afurete wa kiete

umaku ikanai
demo kirisuterarenakute
ienai kawaki no naka
omoi hasete oto ni kaete
mijika na sono mawari dake tsutsunde agetai

kono sekai ga azayaka na iro wo tsukete
odayaka na kaze no naka
kyou wo ikiru michinori no saki ni dake
itami sae norikoetai

subete wo wasurete ichi kara hajimete
ariamaru hodo ni madamada madamada mitashitai
dakishimesokoneta shimitsuita kioku futa wo shita mama
yume wo miteta ukande wa kiete

yobikaesu
mata kirisuterarenakute
mienai ashita ni tada
omoi hasete oto ni kaete
mijika na sono mawari dake tsutsunde agetai

kono sekai ga azayaka na iro wo tsukete
odayaka na kaze no naka
kyou wo ikiru michinori no saki ni dake
itami sae norikoetai

ima mo nokoru nukumori no naka ni dake
itami sae uketometai

shirokuro tsukeru no wa kiri ga nai
yugamu kanjou kaketa me ni wa utsusekagayaku iro wo
shiroku ji-chuu kakegae no nai
fukai aijou hodo sarigenai
warau kanashii kao
damatte wakatteru
mada karamatteru

kami-sama kara henji wa konai mama
shinjiru koto ni kakete miru yo
tochuu datta hanashi no tsuzuki wa itsuka
wasurezu tanoshimi ni matteru


Hiragana

きょう を いきる   みちのり の さき に だけ   この うた を とどけたい

かみ-さま から へんじ は こない から
しんじつ は ゆれて ゆがむでしょう
おかした つみ の さばき は いつ か
ふれられない まま   わかれて ゆく の か

だれ も が のぞむ こと を
きんじる よう に うばう けれど
とちゅう だった はなし の つづき は いつ か
うやむや に できず に いる

たいくつ を かいならしてる
よどんだ くうき   ひびく ギター   あふれて は きえて

うまく いかない
で も きりすてられなくて
いえない かわき の なか
おもい はせて   おと に かえて
みぢか な その まわり だけ つつんで あげたい

この せかい が あざやか な いろ を つけて
おだやか な かぜ の なか
きょう を いきる   みちのり の さき に だけ
いたみ さえ のりこえたい

すべて を わすれて   いち から はじめて
ありあまる ほど に   まだまだ まだまだ みたしたい
だきしめそこねた   しみついた きおく   ふた を した まま
ゆめ を みてた   うかんで は きえて

よびかえす
また きりすてられなくて
みえない あす に ただ
おもい はせて   おと に かえて
みぢか な その まわり だけ つつんで あげたい

この せかい が あざやか な いろ を つけて
おだやか な かぜ の なか
きょう を いきる   みちのり の さき に だけ
いたみ さえ のりこえたい

いま も のこる ぬくもり の なか に だけ
いたみ さえ うけとめたい

しろくろ つける の は キリ が ない
ゆがむ かんじょう   かけた め に は   うつせかがやく げんざい を
よん ろく じ-ちゅう   かけがえ の ない
ふかい あいじょう ほど さりげない
わらう かなしい かお
だまって わかってる
まだ からまってる

かみ-さま から へんじ は こない まま
しんじる こと に かけて みる よ
とちゅう だった はなし の つづき は いつ か
わすれず たのしみ に まってる


Kanji

今日を生きる 道のりの先にだけ この歌を届けたい

神様から返事は来ないから
真実は揺れて歪むでしょう
犯した罪の裁きはいつか
触れられないまま 別れてゆくのか

誰もが望むことを
禁じるように奪うけれど
途中だった話の続きはいつか
うやむやに出来ずにいる

退屈を飼い慣らしてる
よどんだ空気 響くギター 溢れては消えて

上手くいかない
でも切り捨てられなくて
癒えない渇きの中
想い馳せて 音に変えて
身近なその周りだけ包んであげたい

この世界が鮮やかな色をつけて
穏やかな風の中
今日を生きる 道のりの先にだけ
痛みさえ乗り越えたい

全てを忘れて 一から始めて
有り余るほどに まだまだまだまだ満たしたい
抱きしめ損ねた 染みついた記憶 蓋をしたまま
夢を見てた 浮かんでは消えて

呼び返す
また切り捨てられなくて
見えない明日にただ
想い馳せて 音に変えて
身近なその周りだけ包んであげたい

この世界が鮮やかな色をつけて
穏やかな風の中
今日を生きる 道のりの先にだけ
痛みさえ乗り越えたい

今も残るぬくもりの中にだけ
痛みさえ受け止めたい

白黒つけるのはキリがない
歪む感情 欠けた眼には 映せ輝く現在を
四六時中 かけがえのない
深い愛情ほどさりげない
笑う悲しい顔
黙ってわかってる
まだ絡まってる

神様から返事は来ないまま
信じることに賭けてみるよ
途中だった話の続きはいつか
忘れず楽しみに待ってる

Leave a Reply

Your email address will not be published.