Uru – First Love lyrics (romaji and hiragana) | First Love Movie Theme Song

Uru – First Love lyrics (romaji and hiragana)

Romaji

karamatte tokenai
ito mitai ni
toki ga tatte iku hodo
kataku moroku natte iku

hibiwareta mama no kioku
katazukeru koto mo dekizu ni
kirei na fuku wo matotte
subete wasureta furi wo shite ita

kitto kono mama daremo aisanai
dare ni mo aisarenai to
mune no oku hirihiri itamu tabi ni
uzukumatte sou tsubuyaite ita

shiawase wo negau koto sae kowaku te
naki kata mo wakarazu ni obiete ita
kata wo idaku dareka no nukumori ni
kao wo ageru to soko ni anata ga ita
sono ude no naka kikoete kita oto wa
totemo yasashiku atatakai oto deshi ta

hitotsu zutsu kokoro ga tokete iku
anata to deai
hajimete ai wo
shirimashita

nugutte mo haraenai
warui yume mitai ni
mada dokoka ni aru kage ni
kitto anata wa kizuite ita

ibitsu ni hohoenda watashi no
hitomi no oku wo mitsumete
nani mo iwazu ni tsuyoku dakishimeta
subete wo tsutsumikomu you ni

shiawase wo negau koto sae kowaku te
naki kata mo wakarazu ni obiete ita
“koko kara saki wa issho ni ikou” to
tsunaida te wo nigirinaoshite
te wo hiite aruku anata no tonari de
mieta keshiki wa totemo kirei deshita

hitotsu zutsu kokoro wo musunde iku
anata to deai
hajimete ai wo
shirimashita

Hiragana

からまって   とけない
いと みたい に
とき が たっていく ほど
かたく もろく なっていく

ひびわれた まま の きおく
かたずける こと も できず に
きれいな ふく お まとって
すべて わすれた ふり お していた

きっと この まま だれ も あいさない
だれ に も あいされないと
むね の おく ヒリヒリ いたむ たび に
うずくまって   そう つぶやいていた

しあわせ お ねがう こと さえ こわくて
なき かた も わからず に おびえていた
かた お いだく だれ か の ぬくもり に
かお お あげると   そこ に あなた が いた
その うで の なか きこえてきた おと わ
とても やさしく あたたかい おとでした

ひとつ ずつ こころ が とけていく
あなた と であい
はじめて あい お
しりました

ぬぐって も   はらえない
わるい ゆめ みたい に
まだ どこ か に ある かげ に
きっと あなた わ きずいていた

いびつ に ほほえんだ わたし の
ひとみ の おく お みつめて
なに も いわず に つよく だきしめた
すべて お つつみこむ よう に

しあわせ お ねがう こと さえ こわくて
なき かた も わからず に おびえていた
「 ここ から さき わ いっしょ に いこう 」 と
つないだ て お   にぎりなおして
て お ひいて あるく あなた の となり で
みえた けしき わ とても きれいでした

ひとつ ずつ こころ お むすんでいく
あなた と であい
はじめて あい お
しりました

Kanji

絡まって 解けない
糸みたいに
時が経っていくほど
硬く脆くなっていく

ひび割れたままの記憶
片付けることもできずに
綺麗な服を纏って
全て忘れたふりをしていた

きっとこのまま誰も愛さない
誰にも愛されないと
胸の奥ヒリヒリ痛む度に
うずくまって そう呟いていた

幸せを願うことさえ怖くて
泣き方もわからずに怯えていた
肩を抱く誰かの温もりに
顔を上げると そこにあなたがいた
その腕の中聴こえてきた音は
とても優しく温かい音でした

一つずつ心が解けていく
あなたと出逢い
初めて愛を
知りました

拭っても 払えない
悪い夢みたいに
まだどこかにある陰に
きっとあなたは気づいていた

いびつに微笑んだ私の
瞳の奥を見つめて
何も言わずに強く抱きしめた
全てを包み込むように

幸せを願うことさえ怖くて
泣き方もわからずに怯えていた
「ここから先は一緒にいこう」と
繋いだ手を 握り直して
手を引いて歩くあなたの隣で
見えた景色はとても綺麗でした

一つずつ心を結んでいく
あなたと出逢い
初めて愛を
知りました

kanji thanks to LN

Leave a Reply

Your email address will not be published.