TUYU – Kakurenbocchi (Hide and Seek Alone) lyrics (romaji and hiragana)

Tsuyu – Kakurenbocchi (Hide and Seek Alone) lyrics

ツユ – かくれんぼっち 歌詞

English

Even living has gotten useless
So just give up on me already
‘Cause I don’t even have a single dream anyway

As I can always be replaced
I’ve become such a scrap
I, who’s in this state,
Got discarded just like that
The new environment isn’t coming
The view that wouldn’t change
I’ve always looked at the same flower
That withered flower

You, whose figure is bright and good for the world
Very much different from me who’ve always make mistakes

Even living has gotten useless
So just give up on me already
‘Cause I can only be nuisance,
Who’ll only give you lots of annoyance
Every time I hear salvation words, I cover my ears because I’m sick of hearing it
Fall along with flowers petals,
I only want to be in peace
I’ve always played hide and seek by myself

No matter how much complaints I’ve said
There’s nothing beyond that
Even to get rid of this negative chains
Do I even have another hobby?

I know it’s not good for my eyes
I have to see it or else I’ll feel bad
That’s why I see the never-ending rain
That never-ending filthy rain

You, whose figure has strong power which I bet is to do good things
Very much impossible for me whose figure is only bones covered by skin to do the same thing

Even living has gotten useless
So just give up on me already
As the rain falls I dance in my own selfishness
The important note got ruined
The small scream
which I wrote down deep in my heart
disappear into dull-colored sky
and became one with the lightning
I’ve always played hide and seek by myself

Don’t search for me
Don’t ever call for me
Don’t ever find me
Just keep it like this

Even living has gotten useless
So just give up on me already
‘Cause I don’t even have a single dream anyway

‘Cause I don’t deserve to laugh anyway

Even living has gotten useless
So just give up on me already
Even if I get reincarnated, the afterall and beyond it will all be mistakes
Every time I hear salvation words, I cover my ears because I’m sick of hearing it
At least I want to be a beautiful flower
(Because) I want to be picked
I’ve always played hide and seek by myself

(Don’t search for me)
(Don’t ever call for me)
(Don’t ever find me)


TL note: 1) ‘… me who’ve always make mistakes’ actually has literal translation of ‘… me who’ve always step on craps’. I suppose TUYU used some kind of idiom.
2) ‘Even to get rid of this negative chains’ has literal translation of ‘To tame this negative chains’. I change it because it’ll still tell the same thing.
3) For me, ‘hide and seek’ that was meant here is how the girl hides from those who want to help her out of her misery because she herself have gotten tired of living and have given up on herself (refuse to get helped by ppl)
4) There are words I’ve added to make the translation make more senses, but still there are some things that made me confuse so there should be some mistranslation

Romaji

ikiteru dake muda datte
watashi no koto nante mihanashite yo
douse yume no hitotsu mo nai kara

ikura demo kae ga kikudesho
sukurappu mitai ni natte sa
konna joutai no watashi nante
sono mama haki da yo
meatarashii kankyou mo konai
kawaribae shinai keshiki de
zutto onaji hana wo miteiru
sono kareta hana wo

yowatari jouzu no kimi no sugata kagayakashiku te
doji wo funde bakari no watashi to wa chigau ne

ikiteru dake muda datte
watashi no koto nante mihanashite yo
douse jama ni natte
meiwaku bakari kakete shimau kara ne
donna sukui no kotoba mo kikiakita kara
mimi fusaide sa
hanabira tachi to tomo ni chitte
raku ni naritai yo
zutto kakurenbocchi

ikura demo monku ieru yo
sono saki ni nani mo naku te sa
konna fu no rensa kainarashite
hoka no shumi nai no?
me ni doku datte wakatteru kedo
minakya ki ga sumanain da yo
dakara yamanu ame wo miteiru
sono kitanai ame wo

kakegoto jouzu no kimi no sugata chikarazuyoku te
hone ni kawa hatta dake no watashi ja muri da ne

ikiteru dake muda datte
watashi no koto nante mihanashite yo
zaa zaa ame ga futte matte katte
taisetsu na nooto dame ni shite
sonna kokoro no okusoko de kakitometa
chiisana sakebi wa
nibiiro no sora ni kiete
inazuma ni natta yo
zutto kakurenbocchi

sagasanaide
yobanaide wo kure yo
mitsukenaide kono mama

ikiteru dake muda datte
watashi no koto nante mihanashite yo
douse yume no hitotsu mo nai kara

douse warau shikaku mo nai kara

ikiteru dake muda datte
watashi no koto nante mihanashite yo
umarekawatta tote raise mo sono saki mo
zenbu hazure da yo
donna sukui no kotoba mo kikiakita kara
mimi fusaide sa
semete kirei na hana ni natte
tsumi toraretai yo
zutto kakurenbocchi

Hiragana

いきてる だけ むだ だって
わたし の こと なんて みはなしてよ
どうせ ゆめ の ひとつ も ないから

いくら で も かえ が きくでしょ
スクラップ みたい に なってさ
こんな じょうたい の わたし なんて
そのまま はきだよ
めあたらしい かんきょう も こない
かわりばえ しない けしき で
ずっと おなじ はな お みている
その かれた はな お

よわたり じょうず の きみ の すがた かがやかしくて
どじ お ふんで ばかり の わたし と わ ちがうね

いきてる だけ むだ だって
わたし の こと なんて みはなしてよ
どうせ じゃま に なって
めいわく ばかり かけてしまうからね
どんな すくい の ことば も きき あきたから
みみ ふさいでさ
はなびらたち とともに ちって
らく に なりたいよ
ずっと かくれんぼっ ち

いくら で も もんく いえるよ
その さき に なに も なくてさ
こんな まけ の れんさ かい ならして
た の しゅみ ないの ?
め に どく だって わかってるけど
みなきゃ き が すまない んだよ
だから やまぬ あめ お みている
その きたない あめ お

かけごと じょうず の きみ の すがた ちからずよくて
ほね に かわ はった だけ の わたし じゃ むりだね

いきてる だけ むだ だって
わたし の こと なんて みはなしてよ
ざ ざ う が ふって まって かって
たいせつな ノート だめ に して
そんな こころ の おくそこ で かきとめた
ちいさな さけび わ
にぶいろ の そら に きえて
いなずま に なったよ
ずっと かくれんぼっ ち

さがさないで
よばないで おくれよ
みつけないで この まま

いきてる だけ むだ だって
わたし の こと なんて みはなしてよ
どうせ ゆめ の ひとつ も ないから

どうせ わらう しかく も ないから

いきてる だけ むだ だって
わたし の こと なんて みはなしてよ
うまれかわった とて らいせ も その さき も
ぜんぶ はずれだよ
どんな すくい の ことば も きき あきたから
みみ ふさいでさ
せめて きれいな はな に なって
つみとられた いよ
ずっと かくれんぼっ ち

Kanji

生きてるだけ無駄だって
私の事なんて見放してよ
どうせ夢の一つもないから

いくらでも替えが利くでしょ
スクラップみたいになってさ
こんな状態の私なんて
そのまま破棄だよ
目新しい環境も来ない
代わり映えしない景色で
ずっと同じ花を見ている
その枯れた花を

世渡り上手の君の姿 輝かしくて
ドジを踏んでばかりの私とは違うね

生きてるだけ無駄だって
私の事なんて見放してよ
どうせ邪魔になって
迷惑ばかりかけてしまうからね
どんな救いの言葉も聞き飽きたから
耳塞いでさ
花びらたちと共に散って
楽になりたいよ
ずっと かくれんぼっち

いくらでも文句言えるよ
その先に何もなくてさ
こんな負の連鎖 飼い馴らして
他の趣味無いの?
目に毒だって解ってるけど
見なきゃ気が済まないんだよ
だから止まぬ雨を見ている
その汚い雨を

賭け事上手の君の姿 力強くて
骨に皮貼っただけの私じゃ無理だね

生きてるだけ無駄だって
私の事なんて見放してよ
ざーざー雨が降って舞って勝手
大切なノート 駄目にして
そんな心の奥底で書き留めた
小さな叫びは
鈍色の空に消えて
稲妻になったよ
ずっと かくれんぼっち

探さないで
呼ばないでおくれよ
見つけないで このまま

生きてるだけ無駄だって
私の事なんて見放してよ
どうせ夢の一つもないから

どうせ笑う資格もないから

生きてるだけ無駄だって
私の事なんて見放してよ
生まれ変わったとて来世もその先も
全部ハズレだよ
どんな救いの言葉も聞き飽きたから
耳塞いでさ
せめて綺麗な花になって
摘み取られたいよ
ずっと かくれんぼっち

English translation thanks to 志ぞら

Leave a Reply

Your email address will not be published.