sanapri – bibouroku Lyrics (Romaji & Hiragana)

鎖那 – 備忘録 [Official Video]

sana – bibouroku Lyrics (Romaji, Kana, Kanji)

Romaji

namanurui nami wo tatasete wa
fensugoshi kimi no kage wo
kobaruto buruu no awa de hitashite

surechigatta yurameki ga
naze ka natsukashiku omoete
kuuso na gogo no kaze kuchizusamu

fuyaketa hada ni haritsuita
kareha ga mau puurusaido de
kikasete kureta uta wo
ima mo omoidashiteiru

honno sukoshi de ii kara
watashi wa amai tansan de
kimi ga misenakatta hyoujou no riyuu wo
shiru koto ga dekiru no nara
hajikeyou *innocent

honno sukoshi de ii kara
watashi wa hosoi tomoshibi de
kimi ga se wo mukete itta ato wo
tadoru koto ga dekiru no nara
michibiite *innocent

tsunoru mabataki idaku toutou to
sore demo ano rensei no you ni
kienaide hikari tsuzukete itai kara

samenai kinou nukedashite
shisen no saki sagashite itanda
fusai da mimi wo sotto
naderu kimi no koe to

honno sukoshi me wo tojite
yubisaki ga fureatta
nani mo iwazu ni tada sugisaru binetsu wo
hodokenai you musunde iru
kimi no hou ni fureta

daremo inai michi no tochuu
utsuru hitomi ni omou
kimi ga otoshite itta kage no
rinkaku wo nazotte miru
nemuru yoru wo idaite

minarenai keshiki kisetsu no aida
ano hi no watashi utsumuiteta hibi ni
deatte shimatta
sono massugu na me ni
hikareteita
kage ga yuredashita

makuru peiji
kasuka ni tachinoboru doko kara ka
hotsurete tomatta
nami no oto tatazumu kimi to sen tsunaide

fuyaketa hada ni haritsuita
kareha ga mau puurusaido de
kasanaru tooshin yurameku
tadayou awa ni natte

honno sukoshi de ii kara
watashi wa amai tansan de
kimi ga misenakatta hyoujou no riyuu wo
shiru koto ga dekiru no nara
hajikeyou *innocent

honno sukoshi de ii kara
watashi wa hosoi touka de
kimi ga se wo mukete itta ato wo
tadoru koto ga dekiru no nara
michibiite *innocent

Hiragana

なまぬるい なみ お たたせて わ
ふぇんすごし くん の かげ お
コバルトブルー の あわ で ひたして

すれちがった ゆらめき が
なぜ か なつかしく おもえて
くうそな ごご の かぜ   くちずさむ

ふやけた はだ に はりついた
かれは が まう プール サイド で
きかせてくれた うた お
いま も おもいだしている

ほんの すこしで いいから
わたし わ あまい たんさん で
くん が みせなかった ひょうじょう の りゆう お
しる こと が できる のなら
はじけよう *innocent

ほんの すこしで いいから
わたし わ ほそい ともしび で
くん が せ お むけていった あと お
たどる こと が できる のなら
みちびいて *innocent

つのる まばたき いだく とうとう と
それでも あの れんぼし の よう に
きえないで ひかりつずけていたいから

さめない きのう ぬけだして
しせん の さき さがしていた んだ
ふさいだ みみ お そっと
なでる きみ の こえ と

ほんの すこし め お とじて
ゆびさき が ふれあった
なに も いわず に ただ すぎさる びねつ お
ほどけない よう   むすんでいる
くん の ほう に ふれた

だれ も いない みち の とちゅう
うつる ひとみ に おもう
くん が おとしていった かげ の
りんかく お なぞってみる
ねむる よる お だいて

みなれない けしき   きせつ の ま
あの ひ の わたし   うつむいてた ひび に
であってしまった
その まっすぐな め に
ひかれていた
かげ が ゆれだした

” めくる ページ  
かすか に   たち のぼる どこ から か
ほつれて   とまった
なみ の おと   たたずむ   きみ と せん   つないで “

ふやけた はだ に はりついた
かれは が まう プール サイド で
おもなる とうしん ゆらめく
ただよう あわ に なって

ほんの すこしで いいから
わたし わ あまい たんさん で
くん が みせなかった ひょうじょう の りゆう お
しる こと が できる のなら
はじけよう *innocent

ほんの すこしで いいから
わたし わ ほそい ともしび で
くん が せ お むけていった あと お
たどる こと が できる のなら
みちびいて *innocent
Kanji

なまぬるい波を立たせては
フェンス越し君の影を
コバルトブルーの泡でひたして

すれ違ったゆらめきが
なぜか懐かしく思えて
空疎な午後の風 口ずさむ

ふやけた肌にはりついた
枯れ葉が舞うプールサイドで
聞かせてくれた歌を
今も思い出している

ほんの少しでいいから
私は甘い炭酸で
君がみせなかった表情の理由を
知ることができるのなら
弾けよう*innocent

ほんの少しでいいから
私は細い灯火で
君が背をむけていったあとを
たどることができるのなら
導いて*innocent

募る瞬き抱く滔々と
それでもあの連星のように
きえないで光り続けていたいから

覚めない昨日抜け出して
視線の先探していたんだ
ふさいだ耳をそっと
なでる君の声と

ほんの少し目を閉じて
指先がふれあった
何も言わずにただ過ぎ去る微熱を
ほどけないよう 結んでいる
君の頬にふれた

誰もいない道の途中
映る瞳に想う
君が落としていった影の
輪郭をなぞってみる
眠る夜を抱いて

見慣れない景色 季節の間
あの日の私 俯いてた日々に
出会ってしまった
その真っ直ぐな目に
惹かれていた
影が揺れだした

“捲るページ 
幽かに 立ち昇るどこからか
ほつれて 止まった
波の音 佇む 君と線 繋いで”

ふやけた肌にはりついた
枯れ葉が舞うプールサイドで
重なる等身ゆらめく
ただよう泡になって

ほんの少しでいいから
私は甘い炭酸で
君がみせなかった表情の理由を
知ることができるのなら
弾けよう*innocent

ほんの少しでいいから
私は細い灯火で
君が背をむけていったあとを
たどることができるのなら
導いて*innocent

Leave a Reply

Your email address will not be published.