Sakurazaka46 – Omotta Yori mo Sabishikunai lyrics (romaji and hiragana)

Sakurazaka46 – Omotta Yori mo Sabishikunai lyrics

櫻坂46 『思ったよりも寂しくない』 歌詞

Romaji

watashi no koto nante daremo kitto
kyouminai to omotteta
dakara chotto dake kitta kami ni
kizuite kurete ureshikatta

ai tte yuu no wa me ni mienai kedo
futo shita toki kanjiru mono
kaze ga toorisugiru toki
hana no kaori ga suru you ni
I feel there

omotta yori mo sabishiku wa nai yo
hitori de aruite ita tte Don’t worry
omotta yori mo shiawase ka mo shirenai
itsumo to wa chigau michi arukou

hidamari wo itsumo sagashiteta
sou amari imi wa nai yo
datte taiyou wa ugoiterun da
suki na hou ni mukatte
tada ikiyou!

doko e demo
Woah oh oh oh Woah oh oh Woah oh oh Woah
Woah oh oh oh Woah oh oh Woah oh oh Woah

mawari no fuukei ni ki wo torarecha
ashimoto no hana minogasu yo
sonna bukiyou na watashi no koto
mite ite kureru dareka ga iru

en tte yuu no wa sakaseru mono janaku
aru hi battari deau mono
kitto toorisugite kara
are ga “souka!” to omoidasu
kisetsu

kakugo shiteta yori heiki datta ka mo
igai ni tsuyokattan da It’s okay
kakugo shiteta yori odayaka na mainichi yo
kinou to wa chigau sora miagete

jinsei wa hikatte tari kagettari kumoyuki wa kawatte yuku
ima no shiawase wa kako to mirai no tochuu yaritai you ni
yatte mae ni susumou!

hohoende
Woah oh oh oh Woah oh oh Woah oh oh Woah
Woah oh oh oh Woah oh oh Woah oh oh Woah

daremo ga osorete itan da ne kodoku to yuu na no yami
hontou wa hitori demo zutto ikite ikeru no ni

motto hikari wo motto hizashi wo motto komorebi
“soba ni ite hoshikatta”

sekai wa dareka no kehai ni afure sabishisa magirawasu
dareka no koe ya dareka no nukumori ni
hitori janai to sukuwareta kyou made
kangae suginaide

omotta yori mo sabishiku wa nai yo
hitori de aruite ita tte Dont worry!
omotta yori mo shiawase ka mo shirenai
itsumo to wa chigau michi arukou

doko e demo
Woah oh oh oh Woah oh oh Woah oh oh Woah
Woah oh oh oh Woah oh oh Woah oh oh Woah
Woah oh oh oh Woah oh oh Woah oh oh Woah
Woah oh oh oh Woah oh oh Woah oh oh Woah

Hiragana

わたし の こと なんて だれ も きっと
きょうみ ない と おもってた
だから ちょっと だけ きった かみ に
きずいてくれて うれしかった

あい っていう の わ め に みえないけど
ふとした とき かんじる もの
かぜ が とうりすぎる とき
はな の かおり が する よう に
I feel there

おもった より も さびしく わ ないよ
いち にん で あるいていた って Don’t worry
おもった より も しあわせ かも しれない
いつも と わ ちがう みち あるこう

ひだ まり お いつも さがしてた
そう   あまり いみ わ ないよ
だって たいよう わ うごいてる んだ
すきな ほう に むかって
ただ いきよう !

どこ え でも
Woah-oh-oh-oh Woah-oh-oh Woah-oh-oh Woah
Woah-oh-oh-oh Woah-oh-oh Woah-oh-oh Woah

まわり の ふうけい に き お とられちゃ
あしもと の はなみ のがすよ
そんな ぶきような わたし の こと
みていてくれる だれ か が いる

よっ ていう の わ さかせる もの じゃなく
ある ひ ばったり であう もの
きっと とうりすぎてから
あれ が 「 そう か !」 と おもいだす
きせつ

かくご して たより へいきだった かも
いがい に つよかった んだ It’s okay
かくご して たより おだやかな まいにちよ
きのう と わ ちがう そら みあげて

じんせい わ ひかって たり かげっ たり くもゆき わ かわってゆく
いま の しあわせ わ かこ と みらい の とちゅう やりたい よう に
やって まえ に すすもう !

ほほえんで
Woah-oh-oh-oh Woah-oh-oh Woah-oh-oh Woah
Woah-oh-oh-oh Woah-oh-oh Woah-oh-oh Woah

だれ も が おそれていた んだね   こどく という な の やみ
ほんとうは いち にん でも   ずっと いきていけるのに

もっと ひかり お   もっと ひざし お   もっと こもれび
「 そば に いて ほしかった 」

せかい わ だれ か の けはい に あふれ さびし さ まぎらわす
だれ か の こえ や だれか の ぬくもり に
いち にん じゃない と すくわれた きょう まで
かんがえすぎないで

おもった より も さびしく わ ないよ
いち にん で あるいていた って Dont worry!
おもった より も しあわせ かも しれない
いつも と わ ちがう みち あるこう

どこ え でも
Woah-oh-oh-oh Woah-oh-oh Woah-oh-oh Woah
Woah-oh-oh-oh Woah-oh-oh Woah-oh-oh Woah
Woah-oh-oh-oh Woah-oh-oh Woah-oh-oh Woah
Woah-oh-oh-oh Woah-oh-oh Woah-oh-oh Woah

Kanji

私のことなんて誰もきっと
興味ないと思ってた
だからちょっとだけ切った髪に
気付いてくれて嬉しかった

愛っていうのは目に見えないけど
ふとした時感じるもの
風が通り過ぎる時
花の香りがするように
I feel there

思ったよりも寂しくはないよ
一人で歩いていたって Don’t worry
思ったよりも幸せかもしれない
いつもとは違う道歩こう

陽だまりをいつも探してた
そう あまり意味はないよ
だって太陽は動いてるんだ
好きなほうに向かって
ただ生きよう!

何処へでも
Woah-oh-oh-oh Woah-oh-oh Woah-oh-oh Woah
Woah-oh-oh-oh Woah-oh-oh Woah-oh-oh Woah

周りの風景に気を取られちゃ
足元の花見逃すよ
そんな不器用な私のこと
見ていてくれる誰かがいる

縁っていうのは咲かせるものじゃなく
ある日ばったり出会うもの
きっと通り過ぎてから
あれが 「そうか!」 と思い出す
季節

覚悟してたより平気だったかも
意外に強かったんだ It’s okay
覚悟してたより穏やかな毎日よ
昨日とは違う空見上げて

人生は光ってたり陰ったり雲行きは変わってゆく
今の幸せは過去と未来の途中やりたいように
やって前に進もう!

微笑んで
Woah-oh-oh-oh Woah-oh-oh Woah-oh-oh Woah
Woah-oh-oh-oh Woah-oh-oh Woah-oh-oh Woah

誰もが恐れていたんだね 孤独という名の闇
本当は一人でも ずっと生きていけるのに

もっと光を もっと日差しを もっと木漏れ日
「そばにいてほしかった」

世界は誰かの気配に溢れ寂しさ紛らわす
誰かの声や誰かの温もりに
一人じゃないと救われた今日まで
考えすぎないで

思ったよりも寂しくはないよ
一人で歩いていたって Dont worry!
思ったよりも幸せかもしれない
いつもとは違う道歩こう

何処へでも
Woah-oh-oh-oh Woah-oh-oh Woah-oh-oh Woah
Woah-oh-oh-oh Woah-oh-oh Woah-oh-oh Woah
Woah-oh-oh-oh Woah-oh-oh Woah-oh-oh Woah
Woah-oh-oh-oh Woah-oh-oh Woah-oh-oh Woah

Leave a Reply

Your email address will not be published.