Ryokuoushoku Shakai – Tatoe Tatoe Lyrics (romaji and hiragana)

Ryokuoushoku Shakai – Tatoe Tatoe Lyrics

緑黄色社会 – たとえたとえ 歌詞

Romaji

tatoe tatoe
harisakeru hodo no koe ga kaze ni nagarete mo
itsuka koko kara kimi ni todoke to
nando de mo eeru wo

raku na koto bakari erande
umaku yareteta hibi wa
hitome ni tsukazu ni
atatameta isu de
bon’yari yume wo mita

kimi no hito shirenai hibi wa
watashi no sore to wa chigatte
kusuburiyadoshita suburi ga
kokoro no kage wo karuku kasumeta

tatoe tatoe
harisakeru hodo no koe ga kaze ni nagarete mo
itsuka koko kara kimi ni todoke to ima wo sakebu yo
fuwari michi ni mayoeru watage no you ni
sono mi wo makasete
wazuka dake demo kimi ni todoke to
saigo made eeru wo

tsurai koto zenbu nagedashite
yubisaki wo hanarete mo
kimi wo mikakeru to
kimi ga shiranu ma ni
uchikaesarete ita

odoru hito-hira no tayori ga
mune no poketto ni shizunda
chiriyuku toki wa utsukushiku
kokoro wo toraete

kimi naraba kanau yo to
omoikiri iikiritai kedo
kimi naraba atau kagiri
yari no keru hazu dakara

kore wa tatoeba no hanashi
futari kiri de kimi to atte
watashi kara ieru koto wa
“arigatou” dake da

na no ni
hanareta basho de nagamete iru to
“faito” tte kobore ta
wazuka dake de mo kimi ni todoke to
tsuyoku kobosu yo

marude marude
jibun no koto no you de atte
jibun ijou no koto da na
sonna kimi ni moraeta kimochi wo kimi ni mukeru yo

tatoe tatoe
harisakeru hodo no koe ga kaze ni kesarete mo
dore mo kore mo ga todoite inakute mo
honmono no eeru wo
kokoro kara eeru wo


Hiragana

たとえ たとえ
はりさける ほど の こえ が かぜ に ながれて も
いつか ここ から きみ に とどけ と
なん ど でも エール お

らくな こと ばかり えらんで
うまく やれてた ひび わ
ひとめ に つかず に
あたためた いす で
ぼにゃり ゆめ お みた

くん の ひと しれない ひび わ
わたし の それ と わ ちがって
いぶり やどした そぶり が
こころ の かげ お かるく かすめた

たとえ たとえ
はりさける ほど の こえ が かぜ に ながれて も
いつか ここ から きみ に とどけ と いま お さけぶよ
ふわり みち に まよえる わたげ の よう に
その み お まかせて
わずか だけ でも きみ に とどけ と
さいご まで エール お

つらい こと ぜんぶ なげだして
ゆびさき お はなれて も
くん お みかけると
くん が しらぬ ま に
うちかえされていた

おどる ひと ひら の たより が
むね の ポケット に しずんだ
ちりゆく とき わ うつくしく
こころ お とらえて
くんならば かなうよ と
おもいきり いいきりたいけど
くんならば あたう かぎり
やりのける はずだから

これ わ たとえば の はなし
に にん きり で きみ と あって
わたし から いえる こと わ
「 ありがとう 」 だけだ

なのに
はなれた ばしょ で ながめていると
「 ファイト 」 って 溢 ( こ ぼ れた
わずか だけ でも きみ に とどけ と
つよく 溢 ( こ ぼ ) すよ

まるで まるで
じぶん の こと の ようであって
じぶん いじょう の ことだな
そんな きみ に もらえた きもち お きみ に むけるよ
たとえ たとえ

はりさける ほど の こえ が かぜ に けされて も
どれ も これ も が とどいていなくて も
ほんもの の エール お
こころ から エール お

Leave a Reply

Your email address will not be published.