Rinne – raspberry (feat. ANATSUME) Lyrics (romaji and hiragana)

Rinne – raspberry (feat. ANATSUME) Lyrics

Romaji

raise de hona mata raise de gyaku saisei ni utsuru hodo no supiido de
mawaru me wa aoku hikarasete
yoru wa machikado mitsumeru san tou-sei kimi no kononda kaori no kin mokusei
chotto soppo muita you na nihiru na kashi ni kokoroutareteru no ka mo ne

hoshi wa itsumo asa chiri ni natte kono me ni wa itsumo utsuranai nante
hinekureta omae mitai de
daishou wa nai ga daishou wa ai fui ni tsubuyaita wadai shou mo nai
wiikuendo mata kaishou ga nai kedo youkai no sei youkai no sei da yo

aa mou dou datte ii seken no yaji mo dou datte ii
innen ya batou mo sensei no kanjou mo ningen no shimei mo dou datte ii ima
nan’mo shiranai kimi no koto wo shiranai betsu ni shareta toko janaku te ii no
ki ga sumu made

midnight sweety raspberry kono kashi no imi mo kitto
aimai ni suru rhapsody tagaichigai no ai wo toro aibu suru you ni

nanjuu nen-go jidai ga megutte mo yatsu no waruguchi wo iou boku to yume dake wo miyou
aitsu yori mo saki ni noru kuruuzu-sen tabun kitto de ya shinai guunone
waruku wa nai shi tanoshindetai

midnight sweety raspberry
midnight sweety raspberry

yofuke kimi no amai you na taiou jama na mono wa hikaeorou
kimi no hitotsu no shigusa de eraa ga okoru nante nante fudeki nan darou

midnight sweety raspberry kono kashi no imi mo kitto
aimai ni suru rhapsody tagaichigai no ai wo toro

midnight sweety raspberry ayamachi mo itsuka kitto
seikai ni suru rhapsody dakishimetai omoi wo zutto aibu suru you ni


Hiragana

らいせ で ほな また らいせ で   ぎゃく さいせい に うつる ほど の スピード で
まわる め は あおく ひからせて
よる は まちかど みつめる さん とう-せい   きみ の このんだ かおり の きん もくせい
ちょっと そっぽ むいた よう な ニヒル な かし に   こころうたれてる の か も ね

ほし は いつ も あさ ごみ に なって   この め に は いつ も うつらない なんて
ひねくれた おまえ みたい で
だいしょう は ない が だいしょう は あい   ふい に つぶやいた わだい しょう も ない
ウィークエンド また かいしょう が ない けど   ようかい の せい ようかい の せい だ よ

あぁ もう どう だ って いい   せけん の ヤジ も どう だって いい
いんねん や ばとう も   せんせい の かんじょう も   にんげん の しめい も   どう だって いい いま
なん も しらない   きみ の こと を しらない   べつ に しゃれた とこ じゃ なく て いい の
き が すむ まで

midnight sweety raspberry   この かし の いみ も きっと
あいまい に するrhapsody   たがいちがい の あい を とろ   あいぶ する よう に

なんじゅう ねん-ご   じだい が めぐって も   やつ の わるぐち を いおう   ぼく と ゆめ だけ を みよう
あいつ より も さき に のる クルーズ-せん   たぶん きっと で や しない ぐうのね
わるく は ない し たのしんでたい

よふけ-くん の あまい よう な たいおう   じゃま な もの は ひかえおろう
きみ の ひと-つ の しぐさ で エラー が おこる なんて   なんて ふでき な ん だろう

midnight sweety raspberry   この かし の いみ も きっと
あいまい に するrhapsody   たがいちがい の あい を とろ

midnight sweety raspberry   あやまち も いつ か きっと
せいかい に するrhapsody   だきしめたい おもい を ずっと   あいぶ する よう に


Kanji

来世でほなまた来世で 逆再生に映るほどのスピードで
回る目は青く光らせて
夜は街角見つめる三等星 君の好んだ香りの金木犀
ちょっとそっぽ向いたようなニヒルな歌詞に 心打たれてるのかもね

星はいつも朝塵になって この目にはいつも映らないなんて
捻くれたお前みたいで
大小はないが代償は愛 不意に呟いた話題しょうもない
ウィークエンドまた甲斐性がないけど 妖怪のせい妖怪のせいだよ

あぁもうどうだっていい 世間のヤジもどうだっていい
因縁や罵倒も 先生の感情も 人間の使命も どうだっていい今
何も知らない 君のことを知らない 別に洒落たとこじゃなくていいの
気が済むまで

midnight sweety raspberry この歌詞の意味もきっと
曖昧にするrhapsody 互い違いの愛を吐露 愛撫するように

何十年後 時代が巡っても やつの悪口を言おう 僕と夢だけをみよう
あいつよりも先に乗るクルーズ船 多分きっとでやしないぐうの音
悪くはないし楽しんでたい

夜更け君の甘いような対応 邪魔なものは控えおろう
君の一つの仕草でエラーが起こるなんて なんて不出来なんだろう

midnight sweety raspberry この歌詞の意味もきっと
曖昧にするrhapsody 互い違いの愛を吐露

midnight sweety raspberry 過ちもいつかきっと
正解にするrhapsody 抱きしめたい思いをずっと 愛撫するように

Leave a Reply

Your email address will not be published.