RADWIMPS – Hagane no Hane Lyrics

Romaji

hitori dake de ikite ikeru tsuyosa wo hayaku te ni ireru kunren no sanaka ni anata wa
monooto hitotsu naku arawarete ima made no seika dainashi ni shita

“ka” mo “fuka” mo naku “maru” demo “batsu” demo nai hibi ga
etai no shirenai dareka no omou tsubo mitai de
douse nara atama ni dekai “dai” no tsuku “kakumei” ka “zanpai” wo shiyou

kowakunai to demo omotta ka yo baka sonna wake
demo kowasa de wa tomerarenai kono mune no takanari wa

yurugi nai mono ga hoshikatta kowarenai ishi ga hoshikatta
tayasui kotoba wa itsudatte shoumi kigen wa motte mikka

karenai yume ga hoshikatta “boku” to iu imi ga hoshikatta
uchuu ni potsun to saite iru shizuka na riyuu ga hoshikatta

sore wo kimi to sagaseru nara toomawari demo ii to omoeta

ichiban daiji na mono wa te ni hairanai you dekiteru koto wo shitte shimatta boku tachi ga
soredemo yume wo mirareru basho wa kono tabi no saki ni matteru no ka na

nankai iretatte jihanki ni hanekaesareru hyaku en dama ga marude jibun wo miteru you de
hajikareteru no? sore tomo kimi wa katakuna ni hairu no wo kobande iru no?

yukue shirezu juusho futei sonna tamashii demo
“sankaku” de ikiru hibi ni dare yori mo takaku te wo furu yo

yurugi nai mono ga hoshikatta ubaenai “ima” ga hoshikatta
hanpa na kotoba de uman no wa kokoro no koppu no seizei ni paa
koboreru kurai ni mitasu tame boku wa boku wo koe ni yukun da

kanata ni nageta negai demo anata no mabuta ni
kazoe kirenai ashiato wo ima mo nokoshite iru no

afureru hito no naka de boku to anata dake ga furikaette mita ano keshiki ga naniyori no
kotae nan da to boku wa omoun da chigau to wa mou iwasenai kara

yurugi nai mono ga hoshikatta kowarenai ishi ga hoshikatta
tayasui kotoba wa itsudatte shoumi kigen wa motte mikka

karenai yume ga hoshikatta “boku” to iu imi ga hoshikatta
uchuu ni potsun to saite iru shizuka na riyuu ga hoshikatta

sore wo kimi to futari naraba mitsukerareru ki ga shitan da
boku wa kimi no wo kimi wa boku no wo mitsukerareru ki ga shitan da

romaji thanks to LN

Hiragana

いち にん だけ で いきていける つよ さ お はやく   て に いれる くんれん の さいちゅう に あなた わ
ものうと ひとつ なく あらわれて   いま まで の せいか だいなし に した

「 か 」 も 「 ふか 」 も なく   「 ○ 」 で も 「 かける 」 で も ない ひび が
えたい の しれない だれか の おもう ツボ みたいで
どうせなら あたま に でかい 「 だい 」 の   つく 「 かくめい 」 か 「 ざんぱい 」 お しよう

こわくないと でも おもった かよ バカ   そんな わけ
でも こわ さ で わ とめられない この むね の   こう なり わ

ゆるぎない もの が ほしかった   こわれない いし が ほしかった
たやすい ことば わ いつ だって   しょうみ きげん わ もって さん にち

かれない ゆめ が ほしかった   「 ぼく 」 という いみ が ほしかった
うちゅう に ぽつ ン と さいている   しずかな りゆう が ほしかった

それ お きみ と さがせるなら   とうまわり で も いい と おもえた

いちばん だいじな もの わ て に はいらない よう   できてる こと お しってしまった ぼくたち が
それでも ゆめ お みられる ばしょ わ   この たび の さき に まってる の かな

なん かい いれた って じはんき に はねかえされる   いち ぜろ ぜろ えんだま が まるで じぶん お みてる ようで
ひかれてるの ?   それとも きみ わ   頑 なに はいる の お こばんでいるの ?

ゆくえ しれず じゅうしょ ふてい   そんな たましい でも
「 △ 」 で いきる ひび に だれ より も たかく て お   ふるよ

ゆるぎない もの が ほしかった   うばえない 「 いま 」 が ほしかった
はんぱな ことば で うまん の わ   こころ の コップ の せいぜい に ぱあせんと
こぼれる くらい に みたす ため   ぼく わ ぼく お こえ に いく んだ

かなた に なげた ねがい でも   あなた の め ふた に
かぞえきれない あしあと お いま も のこしているの

あふれる ひと の なか で ぼく と あなた だけ が   ふりかえって みた あの けしき が なにより の
こたえな んだ と ぼく わ おもう んだ   ちがう と わ もう いわせないから

ゆるぎない もの が ほしかった   こわれない いし が ほしかった
たやすい ことば わ いつ だって   しょうみ きげん わ もって 3 にち

かれない ゆめ が ほしかった   「 ぼく 」 という いみ が ほしかった
うちゅう に ぽつ ン と さいている   しずかな りゆう が ほしかった

それ お きみ と に にんならば   みつけられる き が した んだ
ぼく わ きみ の お   きみ わ ぼく の お   みつけられる き が した んだ

Leave a Reply

Your email address will not be published.