Nanawo Akari – Lander Wand Lyrics

ナナヲアカリ – ランダーワンド 歌詞

Nanawo Akari – Lander Wand Lyrics (Romaji, Kana, Kanji)

Romaji

namanuruku nigoru sukouru soitsu wo nonde utarete sodatta
marude shokuji wo shi nagara oborete iru you na hibi datta
yowai yatsu hodo yoku haeru nante sanzan iwarete kita kedo
hontou ni yowakerya koe sura dasasete moraenain da
da kara boku wa utau koto wo erandan da

antei wo matotta mujika kanraku shita ka no kokyou dewa
douchou to tousui kan ni hiideta kuudetaa ga okita
furiagatta kobushi ga itsu ka
banzai no gun ni nareba ii na to
gizen ni michita kokoro de inotta

iraira iyaiyagai wo nukedashita
masumasu mashiteku kakoku na tabi da
chizu mo setsumei sho monai
aku shumi na otogi no sekai ni hourareta kibun
terepashii demo nandemo nai kedo
kanshi sareteru to hada de kanjiru
higaishabutteru kedo hontou wa
boku mo socchigawa datta

annyui wo tsugitta mujika kanraku shita ano kokyou ni wa
sennou to zennou kan ni hiideta Puredetaa ga ita
are mitaku wa narenai yo boku wa
bannin no ichiban ja naku te yoi kara
dare ka no kokoro de hisoka ni ikiteta Iyo

nanzen to nan man to kotoba wo haite yogoshi nagara
boku wa ikiru mou zenbu zenbu tsukareta na
nodo ga itai yo mimi mo itai yo
warui kedo koko made mitai
osaki ni ichi nukesasete morau yo

saizen wo tsukushita keredo banzen wo kishita basho demo
douchou to tousui kan ni hiideta kuudetaa ga okita
kono koe ga todokanainara
tada kodomo ga wameiteru you ni mieru nara
kore hodo sukuwarenu monogatari wa nai darou

nanzen to nan man to kotoba wo haite yogoshi nagara
boku wa ikiru mou zenbu zenbu tsukareta na
tomete hoshii to iitakatta yo
sonna toki ni kagitte sa daremo mite kurenakatta
nigotte shimatta
darenimo mirarenai basho ni ikitai
darenimo mirarenai basho de ikitai

Hiragana

なまぬるく にごる スコール   そいつ お のんで うたれて そだった
まるで しょくじ お しながら おぼれている ような ひびだった
よわい やつ ほど   よく はえる なんて さんざん   いわれてきたけど
ほんとうに よわけりゃ こえ すら ださせてもらえない んだ
だから ぼく わ うたう こと お えらんだ んだ

やす ちん お まとった むじか   かんらく した か の こきょう で わ
どうちょう と とうすいかん に ひいでた クーデター が おきた
ふり あがった こぶし が いつか
ばんざい の ぐん に なれば いいな と
ぎぜん に みちた こころ で いのった

苛 々 いやいやがい お ぬけだした
ますます ましてく かこくな たびだ
ちず も せつめいしょ も ない
あく しゅみな おとぎ の せかい に ほうられた きぶん
テレパシー で も なに で も ないけど
かんし されてると はだ で かんじる
ひがいしゃ ぶってるけど ほんとうは
ぼく も そっちがわだった

アンニュイ お つながった むじか   かんらく した あの こきょう に わ
せんのう と ぜんのうかん に ひいでた ぷれでたあ が いた
あれみたく わ なれないよ ぼく わ
まん にん の いちばん じゃなくて よいから
だれ か の こころ で ひそか に いきてたいよ

なん せん と なん まん と ことば お はいて よごしながら
ぼく わ いきる   もう ぜんぶ ぜんぶ つかれたな
のど が いたいよ   みみ も いたいよ
わるいけど ここ まで みたい
おさきに いち ぬけさせて もらうよ

さいぜん お つくしたけれど   ばんぜん お きした ばしょ でも
どうちょう と とうすいかん に ひいでた クーデター が おきた
この こえ が とどかないなら
ただ こども が わめいてる よう に みえるなら
これ ほど すくわれぬ ものがたり わ ないだろう

なん せん と なん まん と ことば お はいて よごしながら
ぼく わ いきる   もう ぜんぶ ぜんぶ つかれたな
とめて ほしい と いいたかったよ
そんな とき に かぎってさ だれ も みてくれなかった
にごってしまった
だれ に も みられない ばしょ に いきたい
だれ に も みられない ばしょ で いきたい

Kanji

生温く濁るスコール そいつを飲んで射たれて育った
まるで食事をしながら溺れている様な日々だった
弱いヤツ程 よく映えるなんて散々 言われてきたけど
本当に弱けりゃ声すら出させてもらえないんだ
だから僕は歌うことを選んだんだ

安亭を纏ったムジカ 陥落したかの故郷では
同調と陶酔感に秀でたクーデターが起きた
振り上がった拳がいつか
万歳の軍になればいいなと
偽善に満ちた心で祈った

苛々嫌々街を抜け出した
益々増してく過酷な旅だ
地図も説明書も無い
悪趣味な御伽の世界に放られた気分
テレパシーでも何でもないけど
監視されてると肌で感じる
被害者ぶってるけど本当は
僕もそっち側だった

アンニュイを継ったムジカ 陥落したあの故郷には
洗脳と全能感に秀でたプレデターが居た
あれみたくは成れないよ僕は
万人の一番じゃなくて良いから
誰かの心でひそかに生きてたいよ

何千と何万と言葉を吐いて汚しながら
僕は生きる もう全部全部疲れたな
喉が痛いよ 耳も痛いよ
悪いけどここまでみたい
お先に一抜けさせて貰うよ

最善を尽くしたけれど 万全を期した場所でも
同調と陶酔感に秀でたクーデターが起きた
この声が届かないなら
ただ子供が喚いてる様に見えるなら
これほど救われぬ物語は無いだろう

何千と何万と言葉を吐いて汚しながら
僕は生きる もう全部全部疲れたな
とめて欲しいと言いたかったよ
そんな時に限ってさ誰も見てくれなかった
濁ってしまった
誰にも見られない場所に行きたい
誰にも見られない場所で生きたい

kanji thanks to LN

Leave a Reply

Your email address will not be published.