Mafumafu – Katakoi Lyrics (romaji and hiragana)

Mafumafu – Katakoi Lyrics (English Translation)

まふまふ – 片恋 歌詞

Romaji

shiki no ato no kyoushitsu ni fukikomu haru no kaze
tomodachi no wa no naka de naiteru kimi wo tooku de miteta

itsu demo ieru ki ga shite saigo made iidasenakatta
konna ikuji no nai yatsu suki na wake nai yo na

tsutaerarezu ni mune no oku ni shimatta
kanau koto no nai omoi wa dore dake toki ga sugite
otona ni natte mo kawaranai kara
omoide nante yobenai arifureta ano mainichi wa mou modoranai
zutto kimi ga suki de suki datta tabun kizuitenai darou keredo

kyoushitsu no mado kara fukikomu sakura no hana ga
deatta toki no you ni hito-hira kata ni ochita

tomodachi ni naru no ni jikan wa iranakatta no ni
koibito ni naru made wa sukoshi tarinakute

tsutaerarenai mama oku ni shimatta
kanau koto no nai omoi wa itsu no hi ka
otona ni natte mo kawaranai kara
tomodachi no mama de iru koto wa seikai janai to wakatteta
zutto kimi ga sou suki datta kizuite mo nai darou keredo

kizutsukanai tame ni (kokoro wa zutto)
kizukanai furi shita (sakende ita)
kono koe wa kono koe wa doko ni mo ikenai mama

tsunagatte iru zutto itsumade mo
hajimatte mo inai koi wa toki wo ima tometa kara owaru koto mo nai deshou
tsutaerarezu ni mune no oku ni shimatta
(tsutaerarenai mama oku ni shimatta)
kanau koto no nai omoi wa dore dake toki ga sugite
(kanau koto no nai omoi wa itsu no hi ka)
otona ni natte mo kawaranai kara
(otona ni natte mo kawaranai kara)
itsuka moshi mo futari deau sono toki wa sunao ni ieru to ii na
(itsuka moshi mo mata deau sono toki wa sunao ni ieru to ii na)
zutto kimi ga suki de suki datta miageta hateshi nai aoi sora ni
(zutto kimi ga sou suki datta miageta kono aoi sora ni)
arigato sayonara


Translated to english by deepL

A spring breeze blows into the classroom after the ceremony. 
I watched from afar as you cried in the circle of friends.

I felt like I could say it anytime, but I couldn’t say it until the end.
How could I love such a spineless person?

I couldn’t tell you, so I kept it deep in my heart
My unfulfilled feelings will never change no matter how much time passes
No matter how much time passes and I grow up, it won’t change
I can’t call it a memory. Those mundane days will never return.
I’ve always liked you, I’ve always loved you, though you probably don’t realize it

The cherry blossoms blowing in from the classroom window
Just like when we first met, a flake fell on my shoulder

It didn’t take long for us to become friends.
But to become a lover, it was a little short

I couldn’t tell her what I wanted, so I put it away
When will the unfulfilled wish come true?
Because it won’t change even when we grow up
I knew that staying friends wasn’t the right thing to do
I’ve been in love with you for a long time, though you probably don’t even realize it

In order not to get hurt (in my heart)
I pretended not to notice (I was screaming)
This voice, this voice, it can’t go anywhere
 
We’re connected, forever and ever
For a love that hasn’t even begun, since I’ve stopped the time now, it will never end
I couldn’t tell you, so I kept it deep in my heart
(I couldn’t tell you, I kept it deep inside)
How much time has passed for feelings that will never come true
(When will the unfulfilled feelings one day come true)
Because it won’t change even if I grow up
(Because even as we grow older, we’ll never change)
Someday, if we meet again, I hope we can say it honestly
(Someday, if we meet again, I hope I can say it honestly)
I’ve always loved you, I’ve always loved you, I’ve always loved you, I’ve always loved you, I’ve always loved you, I’ve always loved you
I’ve always loved you so much I’ve looked up to this blue sky
Thank you. Goodbye.


Hiragana

しき の あと の きょうしつ に   ふきこむ はる の かぜ
ともだち の わ の なか で   ないてる きみ お とうく で みてた

いつ でも いえる き が して   さいご まで いいだせなかった
こんな いくじ の ない やつ   すきな わけないよな

つたえられず に   むね の おく に しまった
かなう こと の ない おもい わ   どれ だけ じ が すぎて
おとな に なって も   かわらないから
おもいで なんて よべない   ありふれた あの まいにち わ もう もどらない
ずっと きみ が すきで   すきだった   たぶん きずいてないだろうけれど

きょうしつ の まど から   ふきこむ さくら の はな が
であった とき の よう に   ひと ひら かた に おちた

ともだち に なるのに   じかん わ いらなかったのに
こいびと に なる まで わ   すこし たりなくて

つたえられない まま   おく に しまった
かなう こと の ない おもい わ   いつ の ひ か
おとな に なって も   かわらないから
ともだち の まま で いる こと わ   せいかい じゃない と わかってた
ずっと きみ が   そう すきだった   きずいて もないだろうけれど

きずつかない ため に しん わ ずっと )
きずかない ふり した ( さけんでいた )
この こえ わ   この こえ わ   どこ に も いけない まま

つながっている   ずっと   いつ まで も
はじまって も いない こい わ   とき お いま とめたから   おわる こと もないでしょう
つたえられず に   むね の おく に しまった
( つたえられない まま   おく に しまった )
かなう こと の ない おもい わ   どれ だけ じ が すぎて
( かなう こと の ない おもい わ   いつ の ひ か )
おとな に なって も   かわらないから
( おとな に なって も   かわらないから )
いつか もしも ふたり であう   その とき わ   すなお に いえると いいな
( いつか もしも また であう   その とき わ   すなお に いえると いいな )
ずっと きみ が すきで   すきだった   みあげた はてしない あおい そら に
( ずっと きみ が   そう すきだった   みあげた この あおい そら に )
ありがと   さよなら


Kanji

式のあとの教室に 吹き込む春の風
友達の輪の中で 泣いてる君を遠くで見てた

いつでも言える気がして 最後まで言い出せなかった
こんな意気地のないやつ 好きなわけないよな

伝えられずに 胸の奥にしまった
叶うことのない想いは どれだけ時が過ぎて
大人になっても 変わらないから
思い出なんて呼べない ありふれたあの毎日はもう戻らない
ずっと君が好きで 好きだった たぶん気づいてないだろうけれど

教室の窓から 吹き込む桜の花が
出会った時のように ひとひら肩に落ちた

友達になるのに 時間は要らなかったのに
恋人になるまでは すこし足りなくて

伝えられないまま 奥にしまった
叶うことのない想いは いつの日か
大人になっても 変わらないから
友達のままでいることは 正解じゃないと分かってた
ずっと君が そう好きだった 気づいてもないだろうけれど

傷つかないために(心はずっと)
気づかないふりした(叫んでいた)
この声は この声は どこにも行けないまま

繋がっている ずっと いつまでも
始まってもいない恋は 時をいま止めたから 終わることもないでしょう
伝えられずに 胸の奥にしまった
(伝えられないまま 奥にしまった)
叶うことのない想いは どれだけ時が過ぎて
(叶うことのない想いは いつの日か)
大人になっても 変わらないから
(大人になっても 変わらないから)
いつかもしもふたり出会う その時は 素直に言えるといいな
(いつかもしもまた出会う その時は 素直に言えるといいな)
ずっと君が好きで 好きだった 見上げた果てしない青い空に
(ずっと君が そう好きだった 見上げたこの青い空に)
ありがと さよなら

Leave a Reply

Your email address will not be published.