Kujira – Nerenai Yoru ni feat. yama Lyrics

Kujira – Nerenai Yoru ni feat. yama Lyrics

くじら – 寝れない夜に feat. yama 歌詞

Romaji

nerenai yoru ni kaaten wo akete
garasu-goshi no machi fukai aiiro
tsumetai kaze to kokochi ii shizuka na nioi ga
“mada koko ni ite ii”
sou itteru ki ga shite

aa, imi mo naku beranda no oku nagamete
atama dake ga itsu made mo mawaru
suisou no naka de iki wo shite iru you de
mata onaji you na ichinichi ga hajimaru

kuufuku to zatsu na kawaki to karasu no nakigoe to
boku ga inai sekai de kawaranai mono bakari da
mata tooku no machi made

meguru kisetsu no naka de ikite iku to yuu koto
teinei to wa hodotooi seikatsu yureru kaaten
meguru kisetsu no naka de ikite iku to yuu koto
hoshi no nai yozora wo terasu tsuki mo mata terasarete iru koto

moshi, kono mama hi ga noboranainara
boku wa shizuka na yoru wo kirai ni naru ka na
mou, yame ni shiyou
sorosoro nemuranai to onaji you na ashita no tame ni

tomoranai hikari no naka aruite iku to yuu koto
enmei to wa mou imi wo nasanai mukuro de
tomoranai hikari no naka aruite iku to yuu koto
mirai no hanashi yori ima wo mitsumedakishimete iku koto

meguru kisetsu no naka de ikite iku to yuu koto
teinei to wa hodotooi seikatsu yureru kaaten
meguru kisetsu no naka de ikite iku to yuu koto
hoshi no nai yozora wo terasu tsuki mo mata

bokura ni namae ga tsuku mae dare de mo nakatta koro
tashika ni ikite itan da. tashika ni ikitetan da.
nanimono ni narenaku tatte hou wo tsutau namida
tashika ni ikiterun da. tashika ni ikite irun da.

nerenai yoru ni kaaten wo akete
garasu-goshi no machi hakumei no sora
fumikiri no oto ga narihajimete asa wo tsugeru machi mo
nemui me ko suri nagara okiteku

Kanji

寝れない夜にカーテンを開けて
ガラス越しの街 深い藍色
冷たい風と心地いい静かな匂いが
「まだここにいていい」
そう言ってる気がして

あぁ、意味もなくベランダの奥眺めて
頭だけがいつまでも回る
水槽の中で息をしているようで
また同じような一日が始まる
  
空腹と雑な渇きとカラスの鳴き声と
僕がいない世界で変わらないものばかりだ
また遠くの街まで

めぐる季節の中で生きていくということ
丁寧とは程遠い生活 ゆれるカーテン
めぐる季節の中で生きていくということ
星のない夜空を照らす月もまた照らされていること

もし、このまま日が昇らないなら
僕は静かな夜を 嫌いになるかな
もう、やめにしよう
そろそろ ねむらないと 同じような明日の為に

灯らない光の中歩いていくということ
延命とはもう意味をなさない骸で
灯らない光の中歩いていくということ
未来の話より今を見つめ抱きしめていくこと

めぐる季節の中で生きていくということ
丁寧とは程遠い生活 ゆれるカーテン
めぐる季節の中で生きていくということ
星のない夜空を照らす月もまた

僕らに名前がつく前 誰でもなかった頃
確かに生きていたんだ。確かに生きてたんだ。
何者になれなくたって 頬を伝う涙
確かに生きてるんだ。確かに生きているんだ。

寝れない夜にカーテンを開けて
ガラス越しの街 薄明の空
踏切の音が鳴り始めて朝を告げる街も
眠い目擦りながら起きてく

Leave a Reply

Your email address will not be published.