KAF – Samayoi Lyrics

KAF – Samayoi Lyrics

花譜 #67 「彷徨い」 オリジナル 歌詞

Romaji

ippo ippo ga ashi no ura wo (tsun za) ite
donkan na kokoro mo haneagatte ka kokyuu kimi
“mou boku wo mamoru mono wa nai keredo”
tsuzuki wa dete konai joukei ni samayoi

doushite mo hada wo surinukeru subete ni
doushite mo wakare wo ienakatta

atarashii koto hajimeru tabi ni
naishin dare ka ga jama wo suru
densha no naka ja otona-tachi wa sumaho ni muchuu na no ni
“dare mo boku wo tomerarenai, tomeru no wa boku jishin da”
sou (utsumu) ki tsubuyaita koukai ni samayoi

doushite mo shirenai koto ga aru
doushite mo umaku kokyuu ga dekinai
ryukkusakku ni tsumeta haribote no sougan-kyou
samayoiaruku bokura nani ga mieru ka na

suniikaa wo kaikaete
nagai kami mo bassari kitta
shouto katto de miru sekai wa
naze ka myou ni shikisai ga kirei de omowazu kuchi kara deta
“mou boku wo mamoru mono wa nai keredo”
“sore de mo ii kizutsuita kako ga aru kara”

doushite mo wakare wo ienakatta
doushite mo umaku namida ga dasenai
tabidatsu boku ni wa dou ni mo ienai
kasun de atama wo samayou
sayonara ga ienakatta

shiranai machi bakari ni natte
hokori ga me no naka ni haitte
sasakure ga mata itami dashite
kokorobosoku natte
hi no akari ga jamawosuru

poketto no chokoreeto wa nakunatte
fuan bakari ga tsura natta
densha wo oritara shiranai sekai de
“sore de mo ii sabishi sa wa omoide to naru kara”
kawariyuku jibun ni
mada hajimemashite ga ienai

unmei wo mousou to yonde
wakare wo itazura to waratta
tsuchi ka tta jinsei wo oite
mitai mono wo mirun da

suniikaa mo nagai kami mo
jibun sae futashika na mama de
nani to deau ka na
shougai wo sa surai
eien wo samayoi

doushite mo sekai wo mitakatta
doushite mo sekai wo shiritakatta

Kanji

一歩一歩が足の裏を劈(つんざ)いて
鈍感な心も跳ね上がって過呼吸気味
「もう僕を守るものはないけれど」
続きは出てこない 情景に彷徨い

どうしても 肌をすり抜ける全てに
どうしても 別れを言えなかった

新しいこと始める度に
内心誰かが邪魔をする
電車の中じゃ大人たちはスマホに夢中なのに
「誰も僕を止められない、止めるのは僕自身だ」
そう俯(うつむ)き呟いた 後悔に彷徨い

どうしても 知れないことがある
どうしても うまく呼吸ができない
リュックサックに詰めた ハリボテの双眼鏡
彷徨い歩く僕ら 何が見えるかな

スニーカーを買い替えて
長い髪もバッサリ切った
ショートカットで見る世界は
何故か妙に色彩が綺麗で 思わず口から出た
「もう僕を守るものはないけれど」
「それでもいい 傷ついた過去があるから」

どうしても 別れを言えなかった
どうしても 上手く涙が出せない
旅立つ僕にはどうにも言えない
霞(かす)んで頭を彷徨う
さよならが言えなかった

知らない街ばかりになって
埃(ほこり)が目の中に入って
ささくれがまた痛み出して
心細くなって
陽(ひ)の明かりが邪魔をする

ポケットのチョコレートは無くなって
不安ばかりが連(つら)なった
電車を降りたら知らない世界で
「それでもいい 寂しさは思い出となるから」
変わりゆく自分に
まだ初めましてが言えない

運命を妄想と呼んで
別れを悪戯(いたずら)と笑った
培(つちか)った人生を置いて
見たいものを見るんだ

スニーカーも長い髪も
自分さえ不確かなままで
何と出会うかな
生涯を流離(さすら)い
永遠を彷徨い

どうしても 世界を見たかった
どうしても 世界を知りたかった

Leave a Reply

Your email address will not be published.