indigo la End – Yokaze to Hayabusa Romaji Lyrics

indigo la End – Yokaze to Hayabusa (夜風とハヤブサ) Lyrics

Romaji

yokaze ni ataruyo
watashi wa ronrii
sono toori ima ronrii
masakano kotoba de owari wo mukaete ronrii
ima ronrii ima ronrii

tsukamaete hoshiino
koigataki mo zenbu
niwakagoto no baka yarou
natsu no kazu dake koi ga aru nante yurusenai

anata ga suki
watashi ga fotogurafaa dattara
natsu tte kanji de kiritorunoni
ima wa mada hayabusadoori de
amayadori
kasa wo motanai anata wa konai
fuan no oto wo kakikesu ame

namida ni kamakete kanashimi onrii
surudokute katachi ga nai
matsuri hayashi no mukiryoku sa ni
iradatta kazemamire

watashi kono maene
aki ni natta kinen ni
kuchibiru wo ubawareta nda
demone, nan’ni mo kanjinakattano

anata ga suki
watashi ga fotogurafaa dattara
natsu tte kanji de kiritorunoni
ima wa mada hayabusadoori de
amayadori
kasa wo motanai anata wa konai
fuan no oto wo kakikesu ame

ame ni makezutomo
kaze wa fuichatta
mou tomerarenaino
sugitara shitataru anata no kokoro no uchi wo
nozoki mi shiteru youna yumemite kizutsuku dake

sore ga natsu
haya busa mitaina koida toshite mo
akiramerarenai
ochiteku yoru

Kanji

夜風に当たるよ
私はロンリー
その通り 今ロンリー
まさかの言葉で終わりを迎えてロンリー
今ロンリー 今ロンリー

捕まえて欲しいの
恋敵も全部
にわか事の馬鹿野郎
夏の数だけ恋があるなんて許せない

あなたが好き
私がフォトグラファーだったら
夏って感じで切り取るのに
今はまだハヤブサ通りで
雨宿り
傘を持たないあなたは来ない
不安の音をかき消す雨

涙にかまけて悲しみオンリー
鋭くて形がない
祭囃子の無気力さに
苛立った風まみれ

私この前ね
秋になった記念に
唇を奪われたんだ
でもね、何にも感じなかったの

あなたが好き
私がフォトグラファーだったら
夏って感じで切り取るのに
今はまだハヤブサ通りで
雨宿り
傘を持たないあなたは来ない
不安の音をかき消す雨

雨に負けずとも
風は吹いちゃった
もう止められないの
過ぎたら滴るあなたの心の内を
覗き見してるような夢見て傷付くだけ

それが夏
はやぶさみたいな恋だとしても
諦められない
落ちてく夜

kanji from Enon Kawatani

Leave a Reply

Your email address will not be published.