Gen Hoshino – FUSHIGI Lyrics (romaji and hiragana)

Gen Hoshino – FUSHIGI romaji lyrics

kimi to deatta kono mizu no naka de
te wo tsunaidara iki wo shite ita
tada sou omotta

samayou kokoro de hidai awase
kuchizuke shita seiza no mama
tada sotto waratta

kibou afureta kono ori no naka de
riyuu mo nai koi ga soko ni aru mama
tada anata datta

osanai koro no kioku kon’ya tabetai mono
nani mo ka mo ga chigau
nanoni naze soba ni itai no
tanin dake ni aru mono

“suki” wo motta hibi wo arinomama de
moji ni dekirunara ki ga sumu no ni na
mada ya da tooku moroi
ai ni taru omoi
hitomi ni ima yadoridasu

kirakira hashagu kono jigoku no naka de
shiyou no nai karada dakishimeatta
akago ni modotte

tsumazuite warau hi mo namida no kanpai mo
inochi komete mezasu
yagate onaji basho de nemuru
tanin dake no fushigi wo

“suki” wo motta koto de kari no emi de
hibi wo fumishimete arukeru you ni sa
kodoku no soba ni aru
yuuki ni taru mono

nokoranu kotoba no naka ni
koboreru kioku no naka ni
bokura wa itsumo ita

“suki” wo motta hibi wo arinomama de
moji ni dekirunara ki ga sumu no ni na
mada ya da tooku moroi
ai ni nita tsuyoi

kimi omotta hibi wo subete
nosete todoku you ni tsumekonda uta
kodoku no soba ni iru
ai ni taru omoi
futari wo ima arukidasu

Hiragana

きみ と であった   この みず の なか で
て を つないだら   いき を して いた
ただ そう おもった

さまよう こころ で   がく あわせ
くちづけ した   せいざ の まま
ただ そっと わらった

きぼう あふれた   この おり の なか で
りゆう も ない   こい が そこ に ある まま
ただ あなた だった

おさない ころ の きおく   こんや たべたい もの
なん も か も が ちがう
な の に なぜ がわ に いたい の
たにん だけ に ある もの

“ すき” を もった ひび を   ありのまま で
もじ に できるなら   き が すむ の に な
まだ   や だ   とおく   もろい
あい に たる おもい
ひとみ に いま   やどりだす

きらきら はしゃぐ   この じごく の なか で
しよう の ない からだ   だきしめあった
あかご に もどって

つまずいて わらう ひ も   なみだ の かんぱい も
いのち こめて めざす
やがて おなじ ばしょ で ねむる
たにん だけ の ふしぎ を

“ すき” を もった こと で   かり の えみ で
ひび を ふみしめて   あるける よう に さ
こどく の がわ に ある
ゆうき に たる もの

のこらぬ ことば の なか に
こぼれる きおく の なか に
ぼく-ら は いつ も いた

“ すき” を もった ひび を   ありのまま で
もじ に できるなら   き が すむ の に な
まだ   や だ   とおく   もろい
あい に にた しい

きみ おもった ひび を   すべて
のせて とどく よう に つめこんだ うた
こどく の がわ に いる
あい に たる おもい
ふたり を いま   あるきだす

Kanji

君と出会った この水の中で
手を繋いだら 息をしていた
ただそう思った

彷徨う心で 額合わせ
口づけした 正座のまま
ただそっと笑った

希望あふれた この檻の中で
理由もない 恋がそこにあるまま
ただ貴方だった

幼い頃の記憶 今夜食べたいもの
何もかもが違う
なのになぜ側に居たいの
他人だけにあるもの

“好き”を持った日々を ありのままで
文字にできるなら 気が済むのにな
まだ やだ 遠く 脆い
愛に足る想い
瞳にいま 宿り出す

きらきらはしゃぐ この地獄の中で
仕様のない身体 抱き締め合った
赤子に戻って

躓いて笑う日も 涙の乾杯も
命込めて目指す
やがて同じ場所で眠る
他人だけの不思議を

“好き”を持ったことで 仮の笑みで
日々を踏みしめて 歩けるようにさ
孤独の側にある
勇気に足るもの

遺らぬ言葉の中に
こぼれる記憶の中に
僕らはいつも居た

“好き”を持った日々を ありのままで
文字にできるなら 気が済むのにな
まだ やだ 遠く 脆い
愛に似た強い

君想った日々を すべて
乗せて届くように詰め込んだ歌
孤独の側にいる
愛に足る想い
二人をいま 歩き出す

Leave a Reply

Your email address will not be published.