Eve – Yoru wa Honoka (faint at nigh) Lyrics (romaji and hiragana)

Eve 「faint at night 」 Lyrics

Eve – Yoru wa Honoka Romaji lyrics

kyou mo ikite shimatta na kore de nan nen
iki wo haku you ni tsuita uso wa nanzen
haitsukubatte kenmohororo ni natte
me ga mawaru wa

sono kakato suritsubushita kutsu de doko iku no
sagesunda sono me wo shimatte okure yo
shien wo kuyuraseru shimitsuita heya de hitori
sokujitsu wa setsunaku anata ni yorisoi

ima sugu ni iitai
itai uwatsuita hanagokoro
ai aitai kotoba ga
yakimashishita kioku wo tadori

sabishii hoshi wo matte
aisaretai wo shitte shimatta shounen
yozora wo miagetanara ima odotte
sayonara wo utatte koinegau made

darenimo ienai himitsu ga atte
egao no ura ni wa kage ga atte
shiranai jibun wo shitte hoshiin janakute
sou janakute

ano toki dokidoki suru mune no takanari wa
itetsuku kokoro wo tokashite shimaetara
kono te wo surinukeru hidamari no naka de hitori
sokujitsu wa setsunaku anata ni yorisoi

massugu ni chikai
itai uwatsuita mizugokoro
ai saita hanabira
chiriyuku saigo made wo boku ni

sabishii hoshi wo matte
aisaretai wo shitte shimatta shounen
yozora wo miagetanara ima odotte
sayonara wo utatte koinegau made

sabishii hoshi wo matte

aisareta iyo shounen

yoru wa honoka ni natte

sabishii hoshi wo matte
aisaretai wo shitte shimatta shounen
yozora wo miagetanara ima odotte
sayonara wo utatte koinegau made

kyou mo ikite shimatta na kore de nan nen
tada nandaka kibun wa ii mitai da.

Hiragana

きょう も いきて しまった な   これ で なん ねん
いき を はく よう に はいた うそ は なんぜん
はいつくばって   けんもほろろ に なって
め が まわる わ

その かかと すりつぶした くつ で どこ いく の
さげすんだ その め を しまって お くれ よ
しえん を くゆらせるしみついた へや で ひとり
ほの ひ は せつなく   あなた に よりそい

いま すぐ に いいたい
いたい   うわついた かしん
あい   あいたい ことば が
やきましした きおく を たどり

さびしい ほし を まって
あいされたい を しって しまった しょうねん
よぞら を みあげたなら   いま おどって
さよなら を うたって   こいねがう まで

だれ に も いえない ひみつ が あって
えがお の うら に は かげ が あって
しらない じぶん を しって ほしい ん じゃ なく て
そう じゃ なく て

あの とき ドキドキ する むね の たかなり は
いてつく こころ を とかして しまえたら
この て を すりぬける   ひだまり の なか で ひとり
ほの ひ は せつなく あなた に よりそい

まっすぐ に ちかい
いたい   うわついた みずごころ
あい   さいた はなびら
ちりゆく さいご まで を ぼく に

さびしい ほし を まって
あいされたい を しって しまった しょうねん
よぞら を みあげたなら   いま おどって
さよなら を うたって   こいねがう まで

さびしい ほし を まって

あいされた いよ しょうねん

よる は ほのか に なって

さびしい ほし を まって
あいされたい を しって しまった しょうねん
よぞら を みあげたなら   いま おどって
さよなら を うたって   こいねがう まで

きょう も いきて しまった な   これ で なん ねん
ただ なん だ か きぶん は いい みたい だ。

Kanji

今日も生きてしまったな これで何年
息を吐くように吐いた嘘は何千
這い蹲って けんもほろろになって
目が回るわ

そのかかとすり潰した靴でどこ行くの
蔑んだその目を閉まっておくれよ
紫煙を燻らせる染みついた部屋で一人
仄日は切なく あなたに寄り添い

今すぐに言いたい
痛い 浮ついた花心
哀 会いたい言葉が
焼き増しした記憶を辿り

寂しい星を待って
愛されたいを知ってしまった少年
夜空を見上げたなら 今踊って
さよならを謳って 希うまで

誰にも言えない秘密があって
笑顔の裏には影があって
知らない自分を知って欲しいんじゃなくて
そうじゃなくて

あの時ドキドキする胸の高鳴りは
凍てつく心を溶かしてしまえたら
この手をすり抜ける 陽だまりの中で独り
仄日は切なくあなたに寄り添い

真っすぐに誓い
痛い 浮ついた水心
愛 咲いた花びら
散りゆく最期までを僕に

寂しい星を待って
愛されたいを知ってしまった少年
夜空を見上げたなら 今踊って
さよならを謳って 希うまで

寂しい星を待って

愛されたいよ少年

夜は仄かになって

寂しい星を待って
愛されたいを知ってしまった少年
夜空を見上げたなら 今踊って
さよならを謳って 希うまで

今日も生きてしまったな これで何年
ただなんだか気分はいいみたいだ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.