Eve – Byouka lyrics (romaji and hiragana)

Eve – Byouka (杪夏) lyrics

Romaji

omoeba tooku ni kita you da
nagai yasumiake no nioi

anata to madara no kage wo otoshite
koe mo agerarenai mama

omoi haseru hoho wa atsuku
rinkaku wo tokasu hodo no hizashi
nagameru kumo wa doko made mo takaku
ijirashiku omou
ato nando mukaeru darou

manajiri wo agete wa an’ya no hi wo mitsumeta
sono hitomi no naka yuragu honou no you
e soragoto de wa nai koko de iki wo shita
shizuka ni koboshite

yodomi ni ukabu utagata no you
setsuna ni utsurou kisetsu no nagare
namida no kage ni doko made mo nagaku
utsukushiku omou
doko e yuku no darou

omoi haseru hoho wa atsuku
rinkaku wo tokasu hodo no hizashi
nagameru kumo wa doko made mo takaku
ijirashiku omou
ato nando mukaeru darou

mata aetanara oboete itai
kono keshiki wo zutto…

Hiragana

おもえば とうく に きた ようだ
ながい やすみあけ の におい

あなた と まだら の かげ お おとして
こえ も あげられない まま

おもい はせる   ほう わ あつく
りんかく お とかす ほど の ひざし
ながめる くも わ   どこ まで も たかく
いじらしく おもう
あと なん ど むかえるだろう

ま なじり お あげて わ   あにゃ の あかり お みつめた
その ひとみ の なか   ゆらぐ ほのう の よう
えそらごと で わ ない   ここ で いき お した
しずか に こぼして

よどみ に うかぶ   ほうまつ の よう
せつな に うつろう きせつ の ながれ
なみだ の かげ に   どこ まで も ながく
うつくしく おもう
どこ え ゆく のだろう

おもい はせる   ほう わ あつく
りんかく お とかす ほど の ひざし
ながめる くも わ   どこ まで も たかく
いじらしく おもう
あと なん ど むかえるだろう

また あえたなら   おぼえていたい
この けしき お ずっと

Kanji

思えば遠くに来たようだ
長い休み明けの匂い

貴方とまだらの影を落として
声もあげられないまま

思い馳せる 頬は熱く
輪郭を溶かすほどの日差し
眺める雲は どこまでも高く
いじらしく思う
あと何度迎えるだろう

まなじりをあげては 暗夜の灯を見つめた
その瞳の中 揺らぐ炎のよう
絵空事ではない ここで息をした
静かに零して

淀みに浮かぶ 泡沫のよう
刹那に移ろう季節の流れ
涙の影に どこまでも永く
美しく思う
何処へゆくのだろう

思い馳せる 頬は熱く
輪郭を溶かすほどの日差し
眺める雲は どこまでも高く
いじらしく思う
あと何度迎えるだろう

また会えたなら 覚えていたい
この景色をずっと

kanji thanks to LN

Leave a Reply

Your email address will not be published.