DUSTCELL – Inochi no Yukue Lyrics (romaji and hiragana)

DUSTCELL – Inochi no Yukue Lyrics

DUSTCELL – 命の行方 歌詞

Romaji

issunsaki mae mo miezu yomichi wo aruita
kakitsuzuri namida de fuyaketa nikki kakae
nakushita monotachi wo furikaeri wa shinai yo
kizanda kizu wa boku ni koso fusawashii

kikoeru ka sanzameku raimei
nichijou ni dangan wo tsumete
iro aseru naraba isso kowashite

inochi wa mada sakebitagatteru
asu wo matteiru
tooku e to doko made mo
tsuresatte kure yoake ga mieru made
naa kono itami wo itsuka
waraeru kurai no aoi tsuyosa wo
inoru yubi ga kotoba wo tsumuide yuku

maru to ka batsu to ka dou demo ii yo
hito wa dare shimo imada ni fukanzen
akogare ni nayami kodoku ni naru
shiawase wo osore kage wo matou
koronde dorodarake no boku ga
itsuka kirei na mono wo te ni iretara
waratte kureru ka
naku made waratte kure yo naa

kizamikome sonzai no shoumei
nichijou ni dangan wo komete
kienu shigarami ni hi wo tsukete kure

inochi wa mada sakebitagatteru
asu wo matteiru
seitoshi no hatoba tachi
miageta sora ga yakitsuite hanarenai
naa mada owarenain da yo
umareta koto ni riyuu nado naku te mo
kurai yoru ni hikari wo sagashiteiru

haru someru hana ga fukidamarimatte iru
harara ka ni nagasu namida no you ni hou wo nadete itta
itsu datte kodoku de nain ka ga tarinai
kuuhaku no umi wa saigo made mitasarenain darou na
itsuka tsuyoku naretara
itsuwarazu ni iretara

ongaku ga yuiitsu no sukui datta
haitsukubatte suna no aji wo kamishimete
kimi no koukai mo kimi no zetsubou mo kimi no seishun mo kowashitai
chiisana shi wo kurikaeshite
sekai ni kizuato wo nokosereba isso
kako mo ketsuraku mo ai mo yūutsu mo uso mo shuuchaku mo
dou demo ii
dou demo iin da
sou omotterun da
ato nankai kodou wo kizamu no darou
nankai kimi ni aerun darou
nankai uta ga utaerudarou
nankai hikari wo mirareru no darou ka


Hiragana

ちょっと さき まえ も みえず   よみち を あるいた
かきつづり   なみだ で ふやけた にっき かかえ
なくした もの-たち を ふりかえり は しない よ
きざんだ きず は ぼく に こそ ふさわしい

きこえる か   さんざめく らいめい
にちじょう に だんがん を つめて
いろあせるなら ば   いっそ こわして

いのち は まだ さけびたがってる
あす を まって いる
とおく へ と   どこ まで も
つれさって くれ   よあけ が みえる まで
なぁ   この いたみ を いつ か
わらえる くらい の あおい つよ-さ を
いのる ゆび が ことば を つむいで ゆく

まる と か ばつ と か どう で も いい よ
ひと は だれ しも いまだ に ふ かんぜん
あこがれ に なやみ こどく に なる
しあわせ を おそれ かげ を まとう
ころんで どろ-だらけ の ぼく が
いつ か きれい な もの を て に いれたら
わらって くれる か
なく まで わらって くれ よ なぁ

きざみこめ   そんざい の しょうめい
にちじょう に だんがん を こめて
きえぬ しがらみ に ひ を つけて くれ

いのち は まだ さけびたがってる
あす を まって いる
なま と し の はとば たち
みあげた そら が やきついて はなれない
なぁ   まだ おわれない ん だ よ
うまれた こと に りゆう など なく て も
くらい よる に ひかり を さがして いる

はる そめる はな が ふきだまりまって いる
はら-ら か に ながす なみだ の よう に ほお を なでて いった
いつ だ って こどく で なん か が たりない
くうはく の うみ は さいご まで みたされない ん だろう な
いつ か つよく なれたら
いつわらず に いれたら

おんがく が ゆいいつ の すくい だった
はいつくばって すな の あじ を かみしめて
きみ の こうかい も   きみ の ぜつぼう も   きみ の せいしゅん も こわしたい
ちいさな し を くりかえして
せかい に きずあと を のこせれ ば いっそ
かこ も   けつらく も   あい も   ゆううつ も   うそ も   しゅうちゃく も
どう で も いい
どう で も いい ん だ
そう おもってる ん だ
あと なん かい こどう を きざむ の だろう
なん かい-くん に あえる ん だろう
なん かい-か が うたえるだろう
なん かい-こう を みられる の だろう か


Kanji

一寸先前も見えず 夜道を歩いた
書き綴り 涙でふやけた日記抱え
失くしたものたちを振り返りはしないよ
刻んだ傷は僕にこそ相応しい

聞こえるか さんざめく雷鳴
日常に弾丸を詰めて
色褪せるならば いっそ壊して

命はまだ叫びたがってる
明日を待っている
遠くへと どこまでも
連れ去ってくれ 夜明けが見えるまで
なぁ この痛みをいつか
笑えるくらいの青い強さを
祈る指が言葉を紡いでゆく

○とか×とかどうでもいいよ
人は誰しもいまだに不完全
憧れに悩み孤独になる
幸せを恐れ影を纏う
転んで泥だらけの僕が
いつかきれいなものを手に入れたら
笑ってくれるか
泣くまで笑ってくれよなぁ

刻み込め 存在の証明
日常に弾丸を込めて
消えぬしがらみに火をつけてくれ

命はまだ叫びたがってる
明日を待っている
生と死の波止場立ち
見上げた空が焼き付いて離れない
なぁ まだ終われないんだよ
生まれたことに理由などなくても
昏い夜に光を探している

春染める花が吹きだまり舞っている
はららかに流す涙のように頬を撫でていった
いつだって孤独で何かが足りない
空白の海は最期まで満たされないんだろうな
いつか強くなれたら
偽らずにいれたら

音楽が唯一の救いだった
這いつくばって砂の味を噛み締めて
君の後悔も 君の絶望も 君の青春も壊したい
小さな死を繰り返して
世界に傷痕を残せればいっそ
過去も 欠落も 愛も 憂鬱も 嘘も 終着も
どうでもいい
どうでもいいんだ
そう思ってるんだ
あと何回鼓動を刻むのだろう
何回君に会えるんだろう
何回歌が唄えるだろう
何回光を見られるのだろうか

Leave a Reply

Your email address will not be published.