Centimillimental – Seishun no Enbu Lyrics | Bakuten!! Opening Song

Centimillimental – Seishun no Enbu Lyrics (romaji and hiragana)

Romaji

naite koronde tonde mawatte
mikansei na bokura no seishun no enbu wo

kantan ni kienu you ni
mienai inku de uchigawa ni kaite okou
mayotta toki
sore wo bokura no kibou no shirushi ni shite

odoridashita kokoro no ashinami wo
kimi to soroete iketara

naite koronde tonde mawatte
mikansei na bokura no seishun no enbu wo
nankai datte tonneru no mukou e
me ga kuramu you na hikari no naka e to mukatteku

itsu made mo kosobayuku
ienu kasabuta wo kakimushitte chi ga nijimu kedo
shinpai wa nai
sore wa bokura no tatakai no shirushi nan da

barakedashita kokoro no ashinami wo
mou ichi do soroete iketara

naite mo ii yo demo asu wa waratte
hikari mo kuragari mo kimi wo katadotte iru
nankai datte tachiagarou ze
mimi wo tsunzaku you na
hakushu no naka e to mukatteku

donna zetsubou mo tsuyogatte iku
an’un wo kirisaite iku
kanjou wo chuugaeri shite miru yo
wakarete ita kokoro no mokuteki chi wo
kimi to soroete iketara

naite koronde tonde mawatte
mikansei na bokura no seishun no enbu wo
dou ka kioku ni yakitsukete ite
tsumazuita toki ni sa omoidaseru you ni
nankai datte tonneru no mukou e
me ga kuramu you na hikari no naka e to tsureteku


Hiragana

ないて   ころんで   とんで   まわって
み かんせい な ぼく-ら の せいしゅん の えんぶ を

かんたん に きえぬ よう に
みえない インク で うちがわ に かいて おこう
まよった とき
それ を ぼく-ら の きぼう の しるし に して

おどりだした こころ の あしなみ を
きみ と そろえて いけたら

ないて   ころんで   とんで   まわって
み かんせい な ぼく-ら の せいしゅん の えんぶ を
なん かい だ って トンネル の むこう へ
め が くらむ よう な   ひかり の なか へ と むかってく

いつ まで も こそばゆく
いえぬ かさぶた を かきむしって ち が にじむ けど
しんぱい は ない
それ は ぼく-ら の たたかい の しるし な ん だ

ばらけだした こころ の あしなみ を
もう いち ど そろえて いけたら

ないて も いい よ   で も あす は わらって
ひかり も くらがり も   きみ を かたどって いる
なん かい だ って たちあがろう ぜ
みみ を つんざく よう な
あいて の なか へ と むかってく

どんな ぜつぼう も つよ-がって いく
あんうん を きりさいて いく
かんじょう を ちゅうがえり して みる よ
わかれて いた こころ の もくてき ち を
きみ と そろえて いけたら

ないて   ころんで   とんで   まわって
み かんせい な ぼく-ら の せいしゅん の えんぶ を
どう か きおく に やきつけて いて
つまずいた とき に さ おもいだせる よう に
なん かい だ って トンネル の むこう へ
め が くらむ よう な   ひかり の なか へ と つれてく


Kanji

泣いて 転んで 跳んで 回って
未完成な僕らの青春の演舞を

簡単に消えぬように
見えないインクで内側に書いておこう
迷ったとき
それを僕らの希望のしるしにして

踊り出した心の足並みを
君と揃えていけたら

泣いて 転んで 跳んで 回って
未完成な僕らの青春の演舞を
何回だってトンネルの向こうへ
目が眩むような 光の中へと向かってく

いつまでもこそばゆく
癒えぬ瘡蓋を掻き毟って血が滲むけど
心配はない
それは僕らの闘いのしるしなんだ

ばらけ出した心の足並みを
もう一度揃えていけたら

泣いてもいいよ でも明日は笑って
光も暗がりも 君をかたどっている
何回だって立ち上がろうぜ
耳をつんざくような
相手の中へと向かってく

どんな絶望も強がっていく
暗雲を切り裂いていく
感情を宙返りしてみるよ
分かれていた心の目的地を
君と揃えていけたら

泣いて 転んで 跳んで 回って
未完成な僕らの青春の演舞を
どうか記憶に焼き付けていて
躓いたときにさ思い出せるように
何回だってトンネルの向こうへ
目が眩むような 光の中へと連れてく

Leave a Reply

Your email address will not be published.