Atarayo – Juugatsu Mukuchi na Kimi wo Wasureru Lyrics (romaji and hiragana)

Atarayo – Juugatsu Mukuchi na Kimi wo Wasureru (10月無口な君を忘れる) Lyrics

Romaji

ohayou. asa da yo. asa tte iu ka mou hiru dakedo.
watashi mou jikan dakara iku ne. ima made arigatou.
bai bai. ’

‘saigo kurai kocchi mite yo.’

kou natte shimau koto wa
hontou wa saisho kara
wakarikitte ita hazu datta no ni
kawatte shimau no nara
owari ga arunara
hajime kara nani mo iranakatta no ni

gomenne ga itai kara
sayonara ga tsurai kara
namida ga shimiru kara
shita wo muite aruite ita no ni
kimi ga waraikakeru kara
konna ni itai nara
shiritaku nakatta yo
yasashisa nante

kimi wa itsu datte
nanni mo iwanai kuse ni
kao ni wa yoku deru kara
seikai bakari sagashite
anchuu mosaku no hibi
shoujiki mou tsukareta no

sugaritsuite ita kimi no omoide wa
omotta yori
kantan ni kuzurete shimatta kara
kono mama ja dame na koto kurai wa
wakatteta
dakedo dakedo nani hitotsu
kaerarenakatta

gomenne ga itai kara
sayonara ga tsurai kara
namida ga shimiru kara
shita wo muite aruite ita no ni
kimi ga waraikakeru kara
konna ni itai nara
shiritaku nakatta yo
yasashisa nante

ima sugita toki ni nani ka ga dekirunara
kono mama no boku ni nain ka ga kaerareru wake ga nai no ni

gomenne ga itai no wa
sayonara ga tsurai no wa
zenbu kimi no sei da

gomenne ga itai no ni
sayonara ga tsurai no ni
namida ga shimiru no ni
kimi wo wasurerarenakute
konna ni itai no wa
sayonara wo shita kara
wakatte ita no ni
namida ga derun da

shiritaku nante nakatta koto
takusan kureta shiawase mo
wasurenai wasurenai wasurerarenai yo


Hiragana

お は よ。 あさ だ よ。 あさ って いう か もう ひる だ けど。
わたくし もう じかん だ から いく ね。 いま まで ありがとう。
バイ バイ。 」

「 さいご くらい こっち みて よ。 」

こう なって しまう こと は
ほんとう は さいしょ から
わかりきって いた はず だった の に
かわって しまう の なら
おわり が あるなら
はじめ から なん も いらなかった の に

ごめん ね が いたい から
さよなら が つらい から
なみだ が しみる から
した を むいて あるいて いた の に
きみ が わらいかける から
こんな に いたい なら
しりたく なかった よ
やさし-さ なんて

きみ は いつ だ って
なんに も いわない くせ に
かお に は よく でる から
せいかい ばかり さがして
あんちゅう もさく の ひび
しょうじき もう つかれた の

すがりついて いた きみ の おもいで は
おもった より
かんたん に くずれて しまった から
この まま じゃ ダメ な こと くらい は
わかってた
だ けど   だ けど   なん ひと-つ
かえられなかった

ごめん ね が いたい から
さよなら が つらい から
なみだ が しみる から
した を むいて あるいて いた の に
きみ が わらいかける から
こんな に いたい なら
しりたく なかった よ
やさし-さ なんて

いま すぎた とき に なん か が できるなら
この まま の ぼく に なん か が かえられる わけ が ない の に

ごめん ね が いたい の は
さよなら が つらい の は
ぜんぶ-くん の せい だ

ごめん ね が いたい の に
さよなら が つらい の に
なみだ が しみる の に
きみ を わすれられなくて
こんな に いたい の は
さよなら を した から
わかって いた の に
なみだ が でる ん だ

しりたく なんて なかった こと
たくさん くれた しあわせ も
わすれない   わすれない   わすれられない よ


Kanji

おはよ。朝だよ。朝っていうかもう昼だけど。
私もう時間だから行くね。今までありがとう。
バイバイ。」

「最後くらいこっち見てよ。」

こうなってしまうことは
本当は最初から
分かりきっていたはずだったのに
変わってしまうのなら
終わりがあるなら
初めから何も要らなかったのに

ごめんねが痛いから
さよならが辛いから
涙が染みるから
下を向いて歩いていたのに
君が笑いかけるから
こんなに痛いなら
知りたくなかったよ
優しさなんて

君はいつだって
なんにも言わないくせに
顔にはよく出るから
正解ばかり探して
暗中模索の日々
正直もう疲れたの

すがりついていた君の思い出は
思ったより
簡単に崩れてしまったから
このままじゃダメなことくらいは
分かってた
だけど だけど 何一つ
変えられなかった

ごめんねが痛いから
さよならが辛いから
涙が染みるから
下を向いて歩いていたのに
君が笑いかけるから
こんなに痛いなら
知りたくなかったよ
優しさなんて

今すぎた時に何かができるなら
このままの僕に何かが変えられるわけが無いのに

ごめんねが痛いのは
さよならが辛いのは
全部君のせいだ

ごめんねが痛いのに
さよならが辛いのに
涙が染みるのに
君を忘れられなくて
こんなに痛いのは
さよならをしたから
分かっていたのに
涙が出るんだ

知りたくなんてなかったこと
沢山くれた幸せも
忘れない 忘れない 忘れられないよ

Leave a Reply

Your email address will not be published.