Akiyama Kiiro – Identity lyrics | Yakusoku no Neverland 2nd Season Opening Song

Akiyama Kiiro – Identity lyrics

Romaji

omoidashita omoidashita
mabataki ikkai to zetsubou no kankaku wo
me ga samete mo yume wo miteta
bokura no isshun ga kagayaku sutoorii no

tokei no byoushin yo mou sukoshi waratte kure
anta de ippai ippai dattan da

koori kooritsuku ashita wo kowasun da
doushite mo nakushitakunai mono bakari nan da
unmei no saki ni anata wo mitsuketa
mou namida ni imi nanka nain da yo

memagurushiku mawaru sekai no sumi de
marude sakebigoe no you na iki wo suru
suusen no toki wo koe mata aetara
zetsubou no sukoshi saki de waraun da yo

omoidashita omoidashita
nagareru fuukei to sore ga suki na koto
kono sekai de deaeta koto
ikite ii no ni ikigurushii koto

bokura wa muimi no imi mo shirezu ni iru
hakisou na yoru wo kurikaeshite
soredemo hatte susunde sakende yare
koko ni iru koto wo akireru hodo

kitto mou ichido asu wo yumemiretara
mou nidoto kodoku wo dou ka kakusanaideite
unmei no saki ni anata wo mitsuketa
mou namida ni imi nanka nain da yo

“nanige na sa” wo dareka to ikiru tame ni
eranda michi de shirushi wo kizamikomu
suuji de egakenai kara inochi darou
kagami ni wa jibun dake utsuseba ii kara

aruku shinin ni
wakatteru no ni
ienai yo

koori kooritsuku ashita wo kowasun da
tooi tooi omoide ni bunnaguraretan da
unmei no saki ni anata wo mitsuketa
mou namida ni imi nanka nain da yo

subete nagedasu you ni iki wo shitemo
douse… douse onaji kurai kurushii yo
suki ni ikitai suki ni ikite itai
eranda mirai nara waraeru kara

Hiragana

おもいだした   おもいだした
まばたき いち かい と ぜつぼう の かんかく お
め が さめて も ゆめ お みてた
ぼくら の いっしゅん が かがやく ストーリー の

とけい の びょうしにょ もうすこし わらってくれ
あんた で いっぱい いっぱいだった んだ

こうり こうりつく あした お こわす んだ
どうしても なくしたくない もの ばかり なんだ
うんめい の さき に あなた お みつけた
もう なみだ に いみ なんかない んだよ

めまぐるしく めぐる せかい の すみ で
まるで さけびごえ の ような いき お する
すう せん の とき お こえ また あえたら
ぜつぼう の すこし さき で わらう んだよ

おもいだした   おもいだした
ながれる ふうけい と   それ が すきな こと
この せかい で であえた こと
いきて いいのに   いきぐるしい こと

ぼくとう わ むいみ の いみ も しれず に いる
はき そうな よる お くりかえして
それでも はって すすんで さけんでやれ
ここ に いる こと お   あきれる ほど

きっと もういちど あした お ゆめみれたら
もう にどと こどく お どうか かくさないでいて
うんめい の さき に あなた お みつけた
もう なみだ に いみ なんかない んだよ

「 なにげな さ 」 お だれ か と いきる ため に
えらんだ みち で しるし お きざみこむ
すうじ で えがけないから いのちだろう
かがみ に わ じぶん だけ うつせば いいから

あるく しにん に
わかってるのに
いえないよ

こうり こうりつく あした お こわす んだ
とうい とうい おもいで に ぶんなぐられた んだ
うんめい の さき に あなた お みつけた
もう なみだ に いみ なんかない んだよ

すべて なげだす よう に いき お して も
どうせ … どうせ おなじ くらい くるしいよ
すき に いきたい   すき に いきていたい
えらんだ みらいなら わらえるから

romaji thanks to LN

Leave a Reply

Your email address will not be published.