Akari Kitou – Kimi no Tonari de Lyrics | Adachi to Shimamura Ending Theme

Akari Kitou – Kimi no Tonari de (キミのとなりで) Lyrics

Romaji

chinmoku ga yokotawaru mahiru ni
shuchou suru futatsu no kodou
itsu da tte watashi no hou ga kakeashi de
chirakatta shikou ga hi ni sukete kiramei ta

kizuiteimasu ka chikaku te tooi
futari namae wa mada iranai
kitto yoku aru ashita no mae ni
mitsukeatta kyō ga
itoshī to ka… dou shite, waraenai

ato nanjū kai nanzen jikan issho ni ireba
“itsu mo doori” to yoberu yō ni nareru ka na
kyoudoufushin’na kanjō wa toki ni
jibun sae uragitte
furikazasu junjō ja naiteru mitai da
“itsu mo doori” no yoshū sasete
motto futari no kyō ni
afurete hikatta omoi wo
dakishimete ikou

datte matteru kakeashi de matteru
dakara kyou mo matteru … oitsuite yo

sekirara ni narikirenai mujun de
kimagure na wake janai no
minukarete mitai dakedo sono saki wa?
atama de usobuku mirai ni me wo korasu

oshiete kudasai asaku te fukai
futari kinō to wa chigatteru
hikikaeshite mo onaji ni nante modorenainara
itoshii to ka… itte mo, ii ka na

nee nanjū kai nanbyaku jikan issho ni ite mo
“itsu mo doori” to yoberu ni wa tarinakute
yuujuufudan’na kanshō ga tsune ni
okubyō ni saserun da
konna ni suki da tte wakattenakatta
kazoeta jikan tobikoeteku
kitto tōku nai itsu ka
afurete kienai omoi de
kimi wo terasu yo

ichi nichi zutsu kasanete ochikon dari shi tatte
mata sugu ni kasanete
a a kitai, shi tari shiteru
ichi nichigoto fukuramu kakushin shiteru yo
namae wo tsukete mo ii desho?
mabushiku te atatakai kore wa, kore wa,

ato nanjuu kai nanzen jikan issho ni ireba
“itsu mo doori” to yoberu yō ni nareru ka na
kyodoufushin’na kanjō wa toki ni
jibun sae uragitte
furikazasu junjō de furaingu shitai
“itsu mo doori” no yoshū sasete
motto futari no kyō ni
afurete hikatta omoi wo
dakishimete ikou

datte matteru kakeashi de matteru
dakara kyou mo matteru kimi no tonari de

Kanji

沈黙が横たわる真昼に
主張するふたつの鼓動
いつだってわたしのほうが駆け足で
散らかった思考が陽に透けてキラめいた

気ヅイテイマスカ 近くて遠い
ふたり 名前はまだいらない
きっとよくある明日の前に
見つけあった今日が
イトシイとか… どうして、笑えない

あと何十回何千時間 一緒にいれば
“いつも通り”と呼べるようになれるかな
キョドウフシンな感情は時に
自分さえ裏切って
振りかざす純情じゃ泣いてるみたいだ
“いつも通り”の予習させて
もっとふたりの今日に
あふれて光ったオモイを
抱きしめていこう

だって待ってる 駆け足で待ってる
だから今日も待ってる …追いついてよ

赤裸々になりきれない矛盾で
気まぐれなわけじゃないの
見抜かれてみたい だけどその先は?
アタマでうそぶく未来に目を凝らす

教エテクダサイ 浅くて深い
ふたり 昨日とは違ってる
引き返しても同じになんて 戻れないなら
イトシイとか… 言っても、いいかな

ねえ何十回何百時間 一緒にいても
“いつも通り”と呼べるには足りなくて
ユウジュウフダンな感傷が常に
臆病にさせるんだ
こんなに好きだってわかってなかった
数えた時間飛び越えてく
きっと遠くないいつか
あふれて消えないオモイで
キミを照らすよ

一日ずつ重ねて 落ち込んだりしたって
またすぐに重ねて
ああ期待、したりしてる
一日ごとふくらむ 確信してるよ
名前をつけてもいいでしょ?
まぶしくてあたたかい これは、これは、

あと何十回何千時間 一緒にいれば
“いつも通り”と呼べるようになれるかな
キョドウフシンな感情は時に
自分さえ裏切って
振りかざす純情でフライングしたい
“いつも通り”の予習させて
もっとふたりの今日に
あふれて光ったオモイを
抱きしめていこう

だって待ってる 駆け足で待ってる
だから今日も待ってる キミのとなりで

kanji thanks to LN

Leave a Reply

Your email address will not be published.