adieu – Haru no Rashin Lyrics (romaji and hiragana)

adieu – Haru no Rashin Lyrics

春の羅針 歌詞

Romaji

soshite mata kurikaesu yoru no tochuu de
shimaikondeta jikan ga
kono taion wo ubatte yuku

kiri no naka ni hoshi wo tsunagu

anata wo kakusu yoru wo taguriyoseru tabi
haru wa yugami nagara mawaridasu
hana no kaori yo ima dake hari wo tomete
yume nara samete

sotto madogoshi ni sora wa shirande yuku you de
yatto mitsuketa chiisa na
kono hikari mo ubatteku yo

machi no naka ni tachi sukumu
koe no uzu ni kakikesareta
kikikaeshite makimodoshite
kiri wa hareta hoshi wo tsurete

anata wo kakusu yoru no sode wo tsukamu tabi
haru wa nigori nagara furikaeru
hana no kaori ga hiete hou wo tsutau
“sayounara?”
anata no senaka ni kikikaesu
boku wo moyasu yume kara samete

soshite mata kurikaesu yoru no tochuu de

Hiragana

そして また くりかえす よる の とちゅう で
しまいこんでた じかん が
この たいおん を うばって ゆく

きり の なか に ほし を つなぐ

あなた を かくす よる を ⼿ くりよせる たび
はる は ゆがみ ながら まわりだす
はな の ⾹ り よ いま だけ はり を ⽌-め て
ゆめ なら さめて

そっと まどごし に そら は ⽩ んで ゆく よう で
やっと ⾒ つけた ⼩-さ な
この ひかり も うばってく よ

まち の なか に ⽴ ち すくむ
こえ の うず に かきけされた
ききかえして まきもどして
きり は はれた ほし を つれて

あなた を かくす よる の そで を つかむ たび
はる は にごり ながら ふりかえる
はな の ⾹ り が ひえて ほお を つたう
「 さようなら? 」
あなた の せなか に ききかえす
ぼく を もやす ゆめ から さめて

そして また くりかえす よる の とちゅう で

Kanji

そしてまた繰り返す夜の途中で
仕舞い込んでた時間が
この体温を奪ってゆく

霧の中に星を繋ぐ

あなたを隠す夜を⼿繰り寄せるたび
春は歪みながら回り出す
花の⾹りよ今だけ針を⽌めて
夢なら覚めて

そっと窓越しに空は⽩んでゆくようで
やっと⾒つけた⼩さな
この光も奪ってくよ

街の中に⽴ち竦む
声の渦に掻き消された
聞き返して巻き戻して
霧は晴れた星を連れて

あなたを隠す夜の袖を掴むたび
春は濁りながら振り返る
花の⾹りが冷えて頬を伝う
「さようなら?」
あなたの背中に聞き返す
僕を燃やす夢から覚めて

そしてまた繰り返す夜の途中で

Leave a Reply

Your email address will not be published.